ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「デルフィニア戦記」開幕、ワイヤーアクション披露に松崎祐介「光一くん超えたい」

310

舞台「デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~」囲み取材より、左から林翔太、松崎祐介、佃井皆美。

舞台「デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~」囲み取材より、左から林翔太、松崎祐介、佃井皆美。

「デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~」が、本日6月19日に東京・東京ドームシティ シアターGロッソで開幕。これに先駆けて同日、囲み取材とゲネプロが実施された。

「デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~」は、茅田砂胡の冒険ファンタジー小説「デルフィニア戦記」を原作とした舞台の第3弾。今作は、昨年2018年に上演された「デルフィニア戦記~動乱の序章~」の続編となる。

囲み取材には、国王ウォル役の松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、王妃リィ役の佃井皆美、侍女シェラ役の林翔太(ジャニーズJr.)が出席。今作の見どころを聞かれた松崎は「ウォル、飛びます!」と劇中でワイヤーアクションを披露することを告白し、「フライングができるのは貴重な経験。『Endless SHOCK』の堂本光一くんを超えたいですね!(笑)」と目標を掲げる。林が「松崎さんのフライング、すごく美しいんですよ」と称賛すると、松崎は「やめろ、やめろ!」と照れつつ、「先ほどの稽古でも何回も練習して。本番ではもっと高みを目指して、ウォルらしく綺麗に飛びたいです」と言葉に力を込めた。

司会から「前回から可愛さが増している」とコメントを受けた林は「2人には言ってないんですけど……実は女子力向上のために、人生で初めてネイルをしました」とネイルサロンに行ったことを明かす。「やっぱり気持ちが上がりますね。女子の気持ちがわかりました」と微笑む林に、佃井が「本当に可愛い」と感嘆すると、松崎がすかさず「どっちが女性かな?」と発言し、会場を笑いで包んだ。

林は自身の役どころについて「ずっと上からの命令で動いていたシェラが、自分の意思で行動する成長した姿を見てほしい。あと、アクションが前回よりハードですね。髪の毛が顔にかかると何も見えなくなってしまうので、そこが大変。慣れたかな、と思っていたんですけど……」と述べると、松崎が「ネイルしてるから大丈夫。気合が違うよ」と励ました。

佃井は「今回、ウォルが囚われの身となってしまうのですが、みんなが彼を助けようと模索する中に、それぞれの役の心境が現れます。私演じるリィも、ウォルとの関係にまつわる心情を吐露するシーンがあるので、注目してもらえたら」とアピール。アクションシーンについては「それぞれ感情をあらわにして戦うシーンが多く、観ていて胸が痛くなったり、心を揺さぶられるものになっています。3作目ですけど、集大成と言ってもいいくらい、見応えのある作品です!」と自信を見せる。

最後に松崎は「『デルフィニア戦記』という世界を一人でも多くの方に知ってもらえるように、カンパニー一同がんばりますので、応援よろしくお願いします!」と観客に呼びかけ、取材を締めくくった。

上演時間は休憩ありの約2時間15分を予定。公演は6月23日まで。なお本作にはこのほか、伊阪達也石田隼横井翔二郎といった面々も出演している。

舞台「デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~」

2019年6月19日(水)~23日(日)
東京都 東京ドームシティ シアターGロッソ

原作:茅田砂胡(C★NOVELS / 中公文庫)
脚本・演出:児玉明子
出演:松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、佃井皆美林翔太(ジャニーズJr.) / 伊阪達也石田隼横井翔二郎、星智也、すがおゆうじ、大原康裕小松準弥高橋克明 / 湯浅雅恭、五味良介、大澤信児 / 酒井和真、佐藤優次、佐渡山貴仁、宮川康裕村井亮、宮澤雪、山下朱梨
声の出演:速水奨、深町寿成

(c)茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・舞台「デルフィニア戦記」製作委員会

ステージナタリーをフォロー