ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宇宙飛行の行方は?スタジオライフ×萩尾望都「音楽劇 11人いる!」開幕

240

Studio Life公演「音楽劇 11人いる!」より。Studio Life公演「音楽劇 11人いる!」より。

Studio Life公演「音楽劇 11人いる!」より。Studio Life公演「音楽劇 11人いる!」より。

スタジオライフ「音楽劇 11人いる!」が、昨日5月18日に開幕した。

倉田淳が脚本・演出を手がける本作は、萩尾望都のマンガ「11人いる!」の舞台化作品。スタジオライフでは2011年、13年にも上演された「11人いる!」を、今回は音楽劇として立ち上げる。キャストはamoチームとpacoチームの2チーム制。amoチームではタダトス・レーン役を関戸博一、pacoチームでは同役を松本慎也が演じる。

宇宙大学の入学試験の最終テストは、外部との接触を断たれた宇宙船で、10人1組が53日間の宇宙飛行を成し遂げるというものだった。非常信号の発信ボタンを押せば命は保証されるが、連帯責任で10人全員が不合格となる。しかし宇宙船白号には、なぜか11人乗っていて……。

上演時間は約1時間50分。公演は6月2日まで行われる。なお本公演の一部日程では、終演後に舞台挨拶や撮影会、トークショーなどが開催される。詳細はスタジオライフの公式サイトで確認しよう。

Studio Life公演「音楽劇 11人いる!」

2019年5月18日(土)~6月2日(日)
東京都 あうるすぽっと

原作:萩尾望都「11人いる!」(小学館)
脚本・演出:倉田淳

キャスト

タダトス・レーン:関戸博一 / 松本慎也
フロルベリチェリ・フロル:松本慎也 / 伊藤清之
マヤ王バセスカ:宮崎卓真 / 曽世海司
ソルダム四世ドリカス:千葉健玖
アマゾン・カーナイス:牛島祥太 / 宮崎卓真
チャコ・カカ:高尾直裕
ドルフ・タスタ:若林健吾
トト・ニ:鈴木宏明
ヴィドメニール・ヌーム:宇佐見輝
ガニガス・ガグトス:船戸慎士
グレン・グロフ:曽世海司 / 藤原啓児

ステージナタリーをフォロー