ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

吉田アミの“文化系女子叢書”「サマースプリング」舞台化、主演は立川貴一

27

「サマースプリング」ビジュアル

「サマースプリング」ビジュアル

「サマースプリング」が、4月28・29日に東京・SCOOLで上演される。

“文化系女子叢書”と銘打たれ出版された「サマースプリング」は、偏差値と管理教育といじめに脅かされる名古屋の中学1年生を描いた、吉田アミによる“アヴァンギャルド・ヤングアダルト・ノンフィクション”小説。今回、吉田自身が、立川貴一との演出ユニットであるミニスキュル・シングス名義で、舞台化を試みる。

主演は立川が務め、音楽は“吉田アミ、か、大谷能生”でも吉田とタッグを組んでいる大谷能生と、“SF音楽家”の肩書きで活動する吉田隆一が手がける。

「サマースプリング」

2019年4月28日(日)・29日(月・祝)
東京都 SCOOL

原作:吉田アミ「サマースプリング」(太田出版)
作・演出:ミニスキュル・シングス(立川貴一+吉田アミ)
出演:立川貴一

ステージナタリーをフォロー