ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

上仁樹、こんどうようぢ、日向野祥らが泥臭く“喧嘩”する「バトリズムステージ」

450

「青春歌闘劇バトリズムステージWAVE」より。

「青春歌闘劇バトリズムステージWAVE」より。

「青春歌闘劇バトリズムステージWAVE」が、去る1月25日に東京・シアターサンモールで開幕した。

「青春歌闘劇バトリズムステージWAVE」は、オッドエンタテインメントが手がける青春群像劇。劇中ではキャストたちがヤンキーに扮し、ダンスや歌でぶつかり合う“青春歌闘劇(バトリズムステージ)”が繰り広げられる。某県某所のとある隣接した進学校3校には、進学率、偏差値、生徒数のほかに、“喧嘩”という裏の争いがあり……。

本作には上仁樹こんどうようぢ日向野祥瀬戸啓太鵜飼主水らが出演。脚本・演出を務める萩原成哉は「第1弾WAVEを皆様にお披露目出来ることを心から嬉しく思います」と喜びを述べ、「イケメン達が熱苦しく泥臭く喧嘩する姿に、青い春な部分やなんとも言えぬ爽やかさ、若さゆえの葛藤を共に感じて頂けたら幸いです」と観客に呼びかけた。上演時間は約1時間50分を予定。公演は2月3日まで。

萩原成哉コメント

青春歌闘劇(バトリズムステージ)のスタート。
聞き覚えがないと思うこの言葉が、いつか1つのジャンルとして確立される日が来る事を願いつつ、この第1弾WAVEを皆様にお披露目出来ることを心から嬉しく思います。イケメン達が熱苦しく泥臭く喧嘩する姿に、青い春な部分やなんとも言えぬ爽やかさ、若さゆえの葛藤を共に感じて頂けたら幸いです。そして、あぁこの脚本家はきっとカッコいい男になりたかったんだなぁと笑っていただければ嬉しいです。

「青春歌闘劇バトリズムステージWAVE」

2019年1月25日(金)~2月3日(日)
東京都 シアターサンモール

脚本・演出:萩原成哉

キャスト

白鳳学院
ユラ:上仁樹
キョウ:日向野祥
ジン:山木透
シキ:小栗諒
リョウ:須永風汰

皇青学園
シン:こんどうようぢ
リク:松本祐一
ヒナタ:阿部大地
カゲ:蓮井佑麻
モク:加藤玲大

天黒寺高校
タイガ:瀬戸啓太
ゲン:高田誠
ショウ:橘りょう
レン:山崎玲央
アツキ:平井雄基

網走:小西啓太
タイキ:古張和貴
シュン:柳沢卓
バトルパフォーマー:奥村等士、清水優志

セツナ:鵜飼主水

※山崎玲央の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー