ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

OrganWorks+Provisional danza「SEDA」振付はカルメン・ワーナー

26

OrganWorks + Provisional danza「SEDA」チラシ表

OrganWorks + Provisional danza「SEDA」チラシ表

OrganWorks + Provisional danza「SEDA」が、12月11・12日に東京・シアターXで上演される。

平原慎太郎が主宰するOrganWorksと、スペインを拠点とするカルメン・ワーナー率いるProvisional danzaは、約15年以上に及ぶ作品制作を通じ、文化的な交流関係を築いてきた。今回の公演では、カルメン・ワーナーが振付・演出を担当し、両カンパニーのダンサーが出演。なおタイトルの「SEDA」はスペイン語でシルクを意味している。

また関連企画として12月8・9日にカルメン・ワーナーによるワークショップが、12月8日の19:00から21:00には「作品解説講座=トリセツ」が東京・森下スタジオで開催される。申込みなどの詳細については公式サイトで確認を。

OrganWorks + Provisional danza「SEDA」

2018年12月11日(火)・12日(水)
東京都 シアターX

振付・演出:カルメン・ワーナー
出演:平原慎太郎、佐藤琢哉、小松睦、高橋真帆(以上、OrganWorks) / アレハンドロ・モラタ、クリスチャン・ロペス、タティアナ・チョロト、ラウラ・クシャラツ(以上、Provisional danza)

ステージナタリーをフォロー