ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

山崎育三郎が生田絵梨花・城田優・水谷千重子とコラボ、Toshlを“お姫様抱っこ”も

270

「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents『THIS IS IKU』」より。

「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents『THIS IS IKU』」より。

「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents『THIS IS IKU』」が、10月13日に東京・東京国際フォーラム ホールAで開催された。

「THIS IS IKU」は、山崎育三郎がパーソナリティを務めるラジオ番組「山崎育三郎の I AM 1936」の関連イベント。出演者には山崎のほか、ゲストとして生田絵梨花城田優Toshl(龍玄とし、X JAPAN)、水谷千重子が名を連ね、約5000人の観客が見守る中、数々のコラボレーションが行なわれた。

イベント冒頭、山崎は「I LAND」「Wonderland」「ひそかな夢 EVERMORE」を続けて歌い上げ、ゲストの城田が登場すると、2人は「ロミオ&ジュリエット」「エリザベート」の楽曲を届ける。

続いて生田、山崎、城田が「ロミオ&ジュリエット」から「エメ」、「レ・ミゼラブル」から「心は愛に溢れて」、山崎と生田が「モーツァルト!」の楽曲を歌唱。城田と観客による「THIS IS IKU!」のかけ声で、山崎が客席から現れ、通路を練り歩くサプライズに会場は大きな盛り上がりを見せた。

山崎は、3組目のゲスト・水谷と「Choo Choo TRAIN」をデュエット。さらに山崎が以前から「憧れのアーティスト」と公言していたToshlの登場シーンでは、山崎の「うわ、Toshlさんだ……本物ですか?」という問いに、Toshlが「本物ですよ」と答える微笑ましい一幕も見られた。そして山崎とToshlは「美女と野獣」を披露。山崎がToshlを“お姫様抱っこ”して踊ってみせると、観客からは歓声が沸き起こった。夢の共演を果たした山崎は、「オーマイガッシュ! すごいです、Toshlさん! 楽しかった! うれしかった! ありがとうございます!」とToshlに感謝の言葉を投げかけた。

カーテンコールでは、山崎が来場者に感謝の意を表し、続けてここまで演奏を共にしたバンドメンバーを1人ずつ紹介。最後の1曲として、最新シングルから「Keep in touch」を、約70名の合唱隊と共に歌い上げ、イベントを締めくくった。

なおイベント当日の様子は、今後の「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents『THIS IS IKU』」の中で紹介される予定だ。

「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents『THIS IS IKU』」

2018年10月13日(土)※公演終了
東京都 東京国際フォーラム ホールA

出演:山崎育三郎 / (以下、五十音順)生田絵梨花城田優Toshl(龍玄とし、X JAPAN)、水谷千重子

ニッポン放送「山崎育三郎の I AM 1936」

毎週土曜日 21:30~22:00

パーソナリティ:山崎育三郎

ステージナタリーをフォロー