ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

織田作・太宰・坂口の“空気感”を舞台上に、文豪ストレイドッグス「黒の時代」開幕

4434

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」より。

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」より。

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」が、本日9月22日に東京・サンシャイン劇場で開幕。これに先駆け、昨日21日に同会場にて公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

作を御笠ノ忠次、演出を中屋敷法仁が手がける舞台「文豪ストレイドッグス」は、同名のテレビアニメを原作とした作品。舞台版第2弾となる本作では、テレビアニメ2期の13話から16話にかけて放送された「黒の時代」のエピソードが展開し、太宰治が武装探偵社に入社する前のストーリーが描かれる。

最年少幹部の太宰治、下級構成員の織田作之助、そして秘密情報員の坂口安吾は、階級を重んじる組織にありながらも、立場を超えて交流し、今夜も仄暗いバーのカウンターに肩を並べ、グラスを傾けていた。しかしある日、その内の1人が消息を絶ち……。

ゆるやかな八百屋舞台の上には本のページがあしらわれた可動式のパネルが置かれ、そこにさまざまな映像が投射される。各キャラクターの異能力は、効果音を交えた俳優たちのアクションによって表現され、アンサンブルの面々による多彩な動きが“風”や“家具”などさまざまな物を表現する。その鮮やかな演出は、今作でも健在だ。なお振付はスズキ拓朗が手がけている。

ゲネプロ後の囲み取材には、織田作之助役の谷口賢志、太宰治役の多和田秀弥、坂口安吾役の荒木宏文、そして演出の中屋敷が参加。中屋敷は「“小説は人間を描くものである”というテーマの作品を演劇にするにあたり、演劇的に少し挑発をしないといけないと思った」と語り、「3次元の演劇でこの作品をどう見せようかと考えて、文章で描けないような奥深さ、“劇空間”を見せるということ、いろんな角度で俳優の表情を見せることを思いつきました。正面も横も後ろも全面見せる、演劇っぽい作りになったと思ってます」と今作を紹介する。

そんな中屋敷を「天才演出家(笑)」と評する谷口は、織田の一人語りが物語の多くを占める本作で、膨大なセリフ量を請け負う。「台本をいただいたときは、中屋敷と脚本家の首を締めてやろうと思った(笑)」と冗談を飛ばしつつ、「とても人気のある作品の舞台化第2弾で中心人物をやらせていただくにあたり、『40歳で2.5次元の主役をやるのもどうなんだ……』と思いながら、いろんな意味で覚悟を持って挑みました。今回出てない前作のメンバーにも下手なものは見せられないし、『黒の時代』で与えられるものが、秀弥演じる太宰の次につながっていく物語なので、全身全霊で思いを届けようと命をかけてやってます」と真剣な表情で語る。

続く荒木は中屋敷について「キャストにもですが、お客さんに対しても、すごく親切な方だと思います」とコメントし、「『黒の時代』は、大人の雰囲気とか冷静な部分とか、描かれていない部分を受け取り手が察する箇所が多い作品なので、こちらから具体的に何かを提示するのが難しい。中屋敷さんは照明であったり演出効果で、観た人が自分なりの答えを出せるようなヒント、引っ掛かり部分をたくさん作ってくれる。そういう点が観る側にとっても、演じる側にも親切だなと思います」と分析する。

一方、前作からの続投となる多和田は、中屋敷演出を支えるアンサンブルキャストについて、「稽古場で『これこれ、懐かしい!』という気持ちで稽古を進められました。前回も体を指先まで使って、ダンスもアクションもやってくださって。彼らがいることによって、文ステの空気感を作っていただけてるなと。ファンの方は今回も楽しみにして!」と期待をあおり、「どのシーンも畳み込むような勢いで芝居をやっているので、置いていかれないよう、油断せず付いてきていただけたら」とアピールした。

なお本作に登場するバーには、モデルとなった店が実在する。谷口は実際に3人でその店を訪れたことを明かし、「そこに、太宰さんと織田作さんと坂口さんの3人が当時飲んでいる写真が飾られてるのを見ることができました。あの場所の空気感を舞台上に持ってきたいなと。余計な芝居の相談とかはせず、あそこに座って本当に他愛のないことをやりました」と該当シーンを振り返り、さらに劇中のセリフ「小説を書くことは人間を書くことだ」になぞらえて「演劇を作ることは人間を作ることだし、出会うことだと思っているので、僕たちが演劇を作ることによって、多くのお客様に出会い、人生を一緒に作れたらと思っておりますので、ぜひ劇場に足を運んでください」と観客にメッセージを送り、会見を締めくくった。

上演時間は休憩なしの約1時間50分。公演は9月22日から10月8日まで東京・サンシャイン劇場、10月13・14日に大阪・森ノ宮ピロティホールで行われ、10月14日の千秋楽にはライブビューイングも実施される。

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」

2018年9月22日(土)~10月8日(月・祝)
東京都 サンシャイン劇場

2018年10月13日(土)・14日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:テレビアニメ「文豪ストレイドッグス」
作:御笠ノ忠次
演出:中屋敷法仁
協力:朝霧カフカ・春河35

キャスト

織田作之助:谷口賢志
太宰治:多和田秀弥
坂口安吾:荒木宏文
ジイド:林野健志
森鴎外:窪寺昭
エリス:大渕野々花
種田山頭火:熊野利哉
広津柳浪:加藤ひろたか
江戸川乱歩:長江崚行

芥川龍之介:橋本祥平(声の出演)

アンサンブル:岡村樹、田中博士、中村理、ニノ戸新太、エリザベス・マリー、小林らら、長岡ありさ、山本華

(c)舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」製作委員会

ステージナタリーをフォロー