ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ハイバイ15周年「て」開幕、岩井秀人「家族にアレルギー起きるような経験を」

320

ハイバイ「て」より。(c)引地信彦

ハイバイ「て」より。(c)引地信彦

ハイバイ15周年記念公演「て」「夫婦」連続上演のうち、「て」が昨日8月18日に開幕した。

「て」は2008年に初演されて以来、たびたび上演を重ねているハイバイの代表作。認知症の祖母を軸に家族のさまざまな思いが描かれる。出演者には浅野和之平原テツ田村健太郎安藤聖岩瀬亮長友郁真今井隆文能島瑞穂湯川ひな、佐野剛、松尾英太郎猪股俊明が名を連ねた。

開幕に際し、作・演出の岩井秀人は「2008年の初演からブラッシュアップし続け、4度目の上演となりますので、かなりの完成度に持ってこれてると『自負っ』ております!」と自信をのぞかせる。さらに「『て』だけでも随分、(精神的に)くらってしまったから、この上さらに『夫婦』は見たくない、という声も、初日を終えた段階でチラチラ伺っております。どうかそうおっしゃらずに、せっかくですから『家族』ってものについて、アレルギー起きるような経験をしていっていただければと思います」とコメントしている。

「て」は9月2日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演されたのち、9月7・8日に高知・高知県立芸術文化ホール、9月15・16日に長崎・アルカスSASEBO、9月22・23日に兵庫のAI・HALLを巡演。「夫婦」は8月23日から9月2日まで東京・東京芸術劇場 シアターウエストにて上演され、出演者には山内圭哉菅原永二川上友里遊屋慎太郎瀬戸さおり、渡邊雅廣、八木光太郎、岩井が名を連ねている。上演時間は「て」が約1時間45分、「夫婦」が約2時間を予定している。

なお劇場ロビーでは「15周年展示 ハイバイ展」が開催中。劇団員、過去出演者によるメッセージや写真、“レアもの展示”など、劇団の足跡を感じることができる内容となっている。

また岩井の戯曲本「て / 夫婦」(白水社)と、テレビブロスで2013年から連載している「自意識がびゅっびゅー」を書籍化したエッセイ集「やっかいな男」(東京ニュース通信社)が会場ロビーにて先行販売されている。

岩井秀人コメント

「て」の初日が無事に開けました~。
2008年の初演からブラッシュアップし続け、4度目の上演となりますので、かなりの完成度に持ってこれてると「自負っ」ております!
まあもう、これだけ再演すると、見てくれた方々と共有した時間の印象が強いので、僕自身の物語という感覚はなくなってきています。そして、そうやって「ムカつく一辺倒」だった過去に、別の視点や考え方をくっつけていくのが、僕が演劇をやっている意味なのだと思います。
これから少ししてもう一方の「夫婦」も開幕します。
「て」だけでも随分、(精神的に)くらってしまったから、この上さらに「夫婦」は見たくない、という声も、初日を終えた段階でチラチラ伺っております。どうかそうおっしゃらずに、せっかくですから「家族」ってものについて、アレルギー起きるような経験をしていっていただければと思います。
「て」「夫婦」、両方ぜひ見てください! お待ちしております!

ハイバイ「て」

2018年8月18日(土)~9月2日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

2018年9月7日(金)・8日(土)
高知県 高知県立芸術文化ホール

2018年9月15日(土)・9月16日(日)
長崎県 アルカスSASEBO

2018年9月22日(土)・23日(日)
兵庫県 AI・HALL

作・演出:岩井秀人
出演:浅野和之平原テツ田村健太郎安藤聖岩瀬亮長友郁真今井隆文能島瑞穂湯川ひな、佐野剛、松尾英太郎猪股俊明

ハイバイ「夫婦」

2018年8月23日(木)~9月2日(日)
東京都 東京芸術劇場シアターウエスト

作・演出:岩井秀人
出演:山内圭哉菅原永二川上友里遊屋慎太郎瀬戸さおり、渡邊雅廣、八木光太郎、岩井秀人

ステージナタリーをフォロー