ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

老医師の変死体を巡る物語、早大劇研発・露と枕「ビリー・ミリガンの毒薬」

70

露と枕「ビリー・ミリガンの毒薬」が、8月10日から12日まで東京・シアターグリーン BASE THEATERで上演される。

露と枕は、早稲田大学の演劇研究会に所属する井上瑠菜を中心として結成されたアンサンブル。昨年2017年12月と今年18年4月には、東京で旗揚げ試演会を行った。第1回公演となる本作では、とある田舎町で発見された年老いた医師の変死体を巡る物語が展開する。チラシ裏には、“私の愛する私を殺す毒薬で、私を殺してほしいのです。”とキーワードが記された。

なお露と枕は、本作でシアターグリーン学生芸術祭 Vol.12に参加する。

シアターグリーン学生芸術祭 Vol.12参加作品 露と枕 Vol.1「ビリー・ミリガンの毒薬」

2018年8月10日(金)~12日(日)
東京都 シアターグリーン BASE THEATER

作・演出:井上瑠菜
出演:小林桃香、澤あやみ、月館森、中野華子、川久保晴、奥泉、村上愛梨 / 須藤新之介、松本倖大

ステージナタリーをフォロー