ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「赤毛のアン」再タッグ組む美山加恋&さくらまや「永遠の友情」を熱唱

60

「赤毛のアン」制作記者発表会より。左から美山加恋、さくらまや。

「赤毛のアン」制作記者発表会より。左から美山加恋、さくらまや。

8月に上演される「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」の制作記者発表会が、本日5月21日に東京都内で行われた。

エステーが主催し、今年2018年で開催21年目を迎える「2万人の鼓動 TOURSミュージカル」は、多くの人にミュージカルに触れてもらいたいという思いから、全公演全席無料で観客を招待する企画。昨年17年に続き美山加恋が主人公のアン・シャーリー役を、さくらまやが4年連続でアンの親友ダイアナ・バリー役を演じる。

記者発表会にはエステー取締役兼代表執行役社長の鈴木貴子氏と執行役の鹿毛康司氏、そして美山とさくらが登壇。MCはリンド夫人役の大和田りつこが務めた。トークセッションでは、昨年に引き続きタッグを組む美山とさくらがお互いの印象について話す。美山は「まやちゃんは年下なのにどっしりしていて、頼ってしまう」とさくらの印象を述べ、さくらは「美山さんははじめて会ったとき、すっごい美人だなと思いました。見てるだけでキュンキュンしちゃうんです。私服がセクシーでドキドキします」と美山の美貌を褒め称えた。

また本作で全国各地を巡る際の楽しみについて、美山は「いつもバタバタで、公演が終わった瞬間に服を着替え、かつらを取り、急いで次の目的地に向かう飛行機や新幹線に乗るのですが、駅や空港でご当地のおいしい食べ物をかき込むのがすごく楽しい」と語る。さらに美山が「運動量がすごくて、去年は痩せました」と舞台裏を明かすと、さくらも「よく動くし、暑いし……私は夏は痩せて冬は太るサイクルになっています」と続き、会場の笑いを誘った。

続いて、美山とさくらは劇中で歌う「永遠の友情」を手と手を取り合い目線を交わしながら歌い上げる。歌唱を終えた美山は「初タッグから1年経った今、安心して気持ちよく歌えました」と笑顔で感想を語った。

最後に本作への意気込みを尋ねられた美山は「このミュージカルは家族を感じる物語で、明日もがんばろうと温かい気持ちにさせてくれる魅力があります。全国で公演するので、ぜひ皆さんに足を運んでいただきたいです」とアピール。そして、さくらは「このステージは、キャストとしても楽しいですし、お客さんにも本当に楽しんでもらえると思います。人とのつながりを感じられる素敵な場所です」と締めくくった。本作は8月15日の北海道・札幌市教育文化会館公演を皮切りに、全国を巡演する。

「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」

2018年8月15日(水)
北海道 札幌市教育文化会館

2018年8月16日(木)
宮城県 東京エレクトロンホール宮城

2018年8月20日(月)
福岡県 福岡市民会館

2018年8月21日(火)
広島県 上野学園ホール

2018年8月22日(水)
大阪府 オリックス劇場

2018年8月27日(月)・28日(火)
東京都 メルパルク東京

2018年8月29日(水)
埼玉県 さいたま市民会館おおみや

2018年8月31日(金)
愛知県 日本特殊陶業市民会館

キャスト

アン・シャーリー:美山加恋
ダイアナ・バリー:さくらまや
リンド夫人:大和田りつこ
マリラ・カスバート:旺なつき
マシュウ・カスバート:越智則英
ほか

ステージナタリーをフォロー