ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

近松門左衛門と竹本義太夫を巡る3章「うつろのまこと」作・演出は西森英行

104

「うつろのまこと ―近松浄瑠璃久遠道行」が、6月3日から10日まで東京・博品館劇場で上演される。

本作は、作・演出を西森英行、音楽・演奏をかみむら周平が担当。近松門左衛門の3作「出世景清」「曽根崎心中」「心中天網島」をアレンジし、近松と竹本義太夫の関係性を軸に物語を立ち上げる。

出演者には、久保田秀敏戸谷公人松井勇歩中村龍介伊藤裕一らが名を連ねた。なお本作は「出世之章」「名残之章」「生瓢之章」の3章に分かれ、「出世之章」と「名残之章」、「出世之章」と「生瓢之章」、そして3章通しの、全3形式で上演される。上演スケジュールと各章の出演者は、公式サイトで確認を。

「うつろのまこと ―近松浄瑠璃久遠道行」

2018年6月3日(日)~10日(日)
東京都 博品館劇場

作・演出:西森英行
音楽・演奏:かみむら周平
出演:久保田秀敏戸谷公人松井勇歩 / 大月さゆ牛水里美加藤雅美 / 今拓哉 / 小多田直樹山口大地 / 中村龍介 / 伊藤裕一 / 藤田宏樹、栗原沙也加、竹井未来望、谷本充弘

ステージナタリーをフォロー