ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ミュージカル李香蘭」が本日開幕、野村玲子「祈りを込めて」

303

「ミュージカル李香蘭」ゲネプロより。(撮影:荒井健)

「ミュージカル李香蘭」ゲネプロより。(撮影:荒井健)

「ミュージカル李香蘭」が本日4月10日に東京・自由劇場で開幕する。

本作は企画・構成・演出を浅利慶太が手がけるオリジナルミュージカル。1991年の初演以来、880回以上の上演を重ねている。劇中では、日中戦争を背景に中国の歌手として活動した李香蘭こと山口淑子の半生が、「夜来香」や「月月火水木金金」など昭和の名曲を織り交ぜながら描き出される。李香蘭役を野村玲子が務めるほか、満州の将軍・川島芳子を坂本里咲、香蘭の義理の姉妹・李愛蓮を樋口麻美、香蘭が兄のように慕う青年・杉本を近藤真行、愛蓮の恋人・王玉林を桑島ダンテが演じる。

開幕に際し、浅利は「役者たちは気分や感情ではなく、時代を実感して生きること、どんな苦しみや怒り、悲しみがあったのかを実感してやってくれています。それをご覧になって、きっとお客様も、あの時代がどうだったのかリアルに感じていただけると思います」、野村は「山口(淑子)先生は、後に平和のための活動をされるようになりました。カンパニー一同その思いを受け継ぎ、祈りを込めて『ミュージカル李香蘭』をお客さまにお届けいたします」とそれぞれコメントしている。

上演時間は休憩20分を含む2時間45分。公演は4月22日まで行われる。

浅利慶太コメント

「李香蘭」は昭和の歴史の本質を描いた作品です。
今のお客様に理解していただけるように丁寧に作っています。役者たちは気分や感情ではなく、時代を実感して生きること、どんな苦しみや怒り、悲しみがあったのかを実感してやってくれています。それをご覧になって、きっとお客様も、あの時代がどうだったのかリアルに感じていただけると思います。
この芝居を観て「二度と戦争は起こしてはいけない」と思っていただきたいですね。

野村玲子コメント

李香蘭は毎回「これが最後」と思って作品と向かい合っていますが、こうしてまた李香蘭を生きることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
演出家の「李香蘭は、昭和の戦争というタピストリーが織り上げられる中で出来上がっていった、赤くて綺麗な一本の線」という言葉が、私の役作りの原点になっています。そして、今回は新しいメンバーも多く、ゼロからそのタピストリーを一緒に作り上げてきました。山口(淑子)先生は、後に平和のための活動をされるようになりました。カンパニー一同その思いを受け継ぎ、祈りを込めて「ミュージカル李香蘭」をお客さまにお届けいたします。
劇場でその思いを受け取っていただければ幸いです。

「ミュージカル李香蘭」

2018年4月10日(火)~22日(日)
東京都 自由劇場

企画・構成・演出:浅利慶太
作曲:三木たかし

キャスト

李香蘭:野村玲子
川島芳子:坂本里咲
李愛蓮:樋口麻美
杉本:近藤真行
王玉林:桑島ダンテ

男性アンサンブル(五十音順):荒木啓佑、五十嵐春、大井新生、大島宇三郎、大山五十和、岡智、折井洋人、川井康弘、斎藤譲、佐藤靖朗、白倉裕人、関廣貴、高島洋樹、高橋辰也、 友清崇、西村匠平、松岡雅祥、光永蓮、宮川智之、山口嘉三、山科諒馬、与那嶺圭太、劉毅
女性アンサンブル (五十音順):蒼井蘭、石毛美帆、桂川結衣、川畑幸香、滝沢由佳、豊永晴加、古庄美和、松井美路子、吉田藍、吉田彩乃、和田麻里

ステージナタリーをフォロー