ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宝塚雪組「ファントム」11月から上演決定、主演は望海風斗&真彩希帆

2071

宝塚歌劇雪組「ミュージカル『ファントム』」が、11月から来年2019年2月にかけて兵庫と東京で上演される。

ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」をもとに、アーサー・コピットの脚本、モーリー・イェストンの作詞・作曲によってアメリカで1991年に初演された本作。宝塚歌劇では宙組が2004年に中村一徳の潤色・演出で初めて上演し、その後も上演を重ねている。今回は、潤色・演出を引き続き中村が担当。望海風斗真彩希帆が主演を務める。

公演は11月9日から12月14日まで兵庫・宝塚大劇場で行われたのち、来年2019年1月から2月には東京・東京宝塚劇場で上演される予定。兵庫公演のチケットは10月6日に一般販売をスタートする。

宝塚歌劇雪組「ミュージカル『ファントム』」

2018年11月9日(金)~12月14日(金)
兵庫県 宝塚大劇場

2019年1~2月(予定)
東京都 東京宝塚劇場

脚本:アーサー・コピット
作詞・作曲:モーリー・イェストン
翻訳:青鹿宏二
潤色・演出:中村一徳

出演:望海風斗真彩希帆 ほか

ステージナタリーをフォロー