ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「しんしゃく源氏物語」SPACシーズンプログラムに8年ぶりに登場

51

「しんしゃく源氏物語」より。(c)日置真光

「しんしゃく源氏物語」より。(c)日置真光

SPAC 秋→春のシーズン 2017-2018の第3弾「しんしゃく源氏物語」が、1月13日から2月4日まで静岡・静岡芸術劇場で上演される。

作を榊原政常、演出を原田一樹が手がける「しんしゃく源氏物語」は、「源氏物語」の「末摘花」「蓬生」をもとに、光源氏を待ち続ける姫・末摘花と、彼女を取り巻く女性たちの人間模様を、女性視点から捉え直した作品。1998年にSPAC創立1周年記念作品として初演されて以降、幾度も上演されてきた人気作が、2010年以来8年ぶりにシーズンプログラムに登場する。

本作は一部Wキャストとなっており、Aキャストバージョンは1月13・14日、2月3・4日、Bキャストバージョンは1月21日、27・28日に上演される。なお静岡・静岡伊勢丹 1Fショーウィンドーでは、12月29日から1月3日にかけて本作の衣装展示が行われる。

SPAC 秋→春のシーズン 2017-2018 #3「しんしゃく源氏物語」

2018年1月13日(土)~2月4日(日)
静岡県 静岡芸術劇場

作:榊原政常
演出:原田一樹

キャスト

姫:池田真紀子
少将:舘野百代
宰相:石井萠水、ながいさやこ(Wキャスト)
侍従:山本実幸
叔母:河村若菜
右近:大内智美
左近:ながいさやこ、石井萠水(Wキャスト)

ステージナタリーをフォロー