メディアミックスコンテンツ「華枕」が2018年4月に舞台化、脚本・演出は淡乃晶

52

メディアミックスコンテンツ「華枕-儚のまにまに-」の舞台化が決定。2018年4月11日から15日に神奈川・ラゾーナ川崎プラザソルで上演される。

舞台版「華枕」ティザービジュアル

舞台版「華枕」ティザービジュアル

大きなサイズで見る

「華枕-儚のまにまに-」は、華檀倶楽部が制作する抱き枕を出発点とした、メディアミックス作品。これまでにCARNELIAN、たにはらなつき、池上茜、兎塚エイジらイラストレーターが参加し、グッズやマンガ、小説、映像などで展開されてきた。

今回発表された舞台版では、百合をモチーフとした作品を手がける、fragment edge淡乃晶が脚本・演出を担当。出演者などの詳細は続報を待とう。

舞台版「華枕」

2018年4月11日(水)~15日(日)
神奈川 ラゾーナ川崎プラザソル

原作:華檀倶楽部/まちこ「華枕-儚のまにまに-」
原作脚本・ストーリー協力:小玉励
舞台脚本・演出:淡乃晶

全文を表示

淡乃晶のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 淡乃晶 / fragment edge の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします