ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「少女ミウ」岩松了「自分の身を少し危険に晒したような作品に」

114

「少女ミウ」より。

「少女ミウ」より。

岩松了の最新作「少女ミウ」が、昨日5月21日に東京のザ・スズナリにて開幕した。

岩松にとって、6年ぶりのザ・スズナリでの公演となる本作。東日本大震災をモチーフに、“あの会社”の社員で賠償問題の責任者だった人物を父に持つ、黒島結菜演じる中学生のミウと、敏腕パーソナリティーとして知られるテレビキャスター、堀井新太演じる広沢が出会い……。10名の若手俳優たちが、虚偽と真実についての青春群像劇を立ち上げる。

堀井は稽古を振り返り、「稽古での岩松さんの“千本ノック”は、すごく楽しかったです」と前向きなコメント。また上演に向けて「緊張していますけど、楽しみの方が強くて。稽古でやってきたことを思い切りやるしかないですね」と述べる。黒島も“千本ノック”によって「今までなったことのない感覚になることが何回かありました」と語り、そんな中で作り上げたミウ役を「上手くつかめないとかいうことはなく、自分と離れているとか近いとか、そういうこともあまり気にしませんでした。今ミウを演じられて良かったなって、すごく思っています」と述べた。

そんな2人の積極的な発言と呼応するように、岩松も「こういう座組で作るものについては、よくできたお菓子を『はい、どうぞ』と安全なところから差し出してもあまり意味ないなという感覚が僕の中にあります。そうではなく、自分の身を少し危険に晒したものを届けてみたい気持ちがあって、そうした作品になっているのではないでしょうか」と手応えを語っている。公演は6月4日まで。

堀井新太コメント

(初日を迎えるにあたって)緊張していますけど、楽しみの方が強くて。稽古でやってきたことを思い切りやるしかないですね。ドラマ(「3人のパパ」)の撮影と並行して稽古していたのですが、ドラマの役とはとてもギャップのある大人の役なので、頭が良く見えるようにしないと(笑)。
稽古での岩松さんの“千本ノック”は、すごく楽しかったです。最初わからなかったことがわかってくるという、繰り返すことはそこに意味がありますね。例えば、「なぜここは机を触りながら台詞を言うんだろう?」と最初思っても、その仕草を何回も何回もやっていくと日常になってきて、そこに“居る”人になっていく。そういう新しい発見が常にどんどん出てくるのが面白かったです。

黒島結菜コメント

岩松さんの稽古では“千本ノック”と呼ばれるように同じシーンを繰り返しやっていくんですけど、何回もやるうちに手とかちょっとビリビリしてきたり、今までなったことのない感覚になることが何回かありました。初めて体がそういう感じになったなっていう。考えなきゃいけないことが多くて頭もすごく使ったし、でも考えすぎてもわからなくなってしまうので、目の前のことをひとつひとつやっていけば、積み重ねで全体が見えてくるのかなと思いながらやっていました。そうして作り上げていったミウは、上手くつかめないとかいうことはなく、自分と離れているとか近いとか、そういうこともあまり気にしませんでした。今ミウを演じられて良かったなって、すごく思っています。

岩松了コメント

この作品の脚本を執筆中に、別の仕事の取材で福島に行っていたんです。最初から温めていたというよりは、自分の生理的なものが福島に向かっていたのでごく自然に、こういう題材の話になっていきました。
若い俳優たちとやると、少しずつ良くなっていくのを目の当たりにできるのが楽しいから、本当は稽古があとひと月ぐらいあればいいなというぐらい。もしそれぐらいあれば、黒島さんや堀井くんに対しても今感じていることとはまた別のことを僕が感じ始めると思うし、そうなると人物像の輪郭がまた膨らんでくるから、やればやるだけ面白い座組みだろうなと思っているんですが。こういう座組で作るものについては、よくできたお菓子を「はい、どうぞ」と安全なところから差し出してもあまり意味ないなという感覚が僕の中にあります。そうではなく、自分の身を少し危険に晒したものを届けてみたい気持ちがあって、そうした作品になっているのではないでしょうか。

M&Oplaysプロデュース「少女ミウ」

2017年5月21日(日)~6月4日(日)
東京都 ザ・スズナリ

作・演出:岩松了
出演:堀井新太黒島結菜 / 川口覚富山えり子金澤美穂、篠原悠伸、藤木修、新名基浩、岩井七世安澤千草

ステージナタリーをフォロー