ジョン・ジェスラン×川村毅が“戯曲の翻訳”に迫るWS&リーディング最終章

24

「わたしは黄金の破片の上を往く」翻訳ワークショップ&公開リーディングが3月10、11日に東京・森下スタジオにて開催される。

2015年7月に上演された東京/NY往復書簡 第二章公開リーディングより。(撮影:宮内勝)

2015年7月に上演された東京/NY往復書簡 第二章公開リーディングより。(撮影:宮内勝)

大きなサイズで見る(全3件)

これは、ニューヨークの劇作家・演出家のジョン・ジェスランとティーファクトリーの川村毅が、それぞれの都市を基本テーマに、3年にわたり戯曲を書きつなぎ1つの作品を作り上げるプロジェクト「東京 / ニューヨーク往復書簡」の最終回にあたる第3章。参加メンバー全員が日本語と英語のセリフを確認しながら、戯曲の翻訳のあり方を探っていく。

この記事の画像(全3件)

東京/NY往復書簡 第三章「わたしは黄金の破片の上を往く」翻訳ワークショップ&公開リーディング

2017年3月10日(金)・11日(土)
東京都 森下スタジオ

作・演出:ジョン・ジェスラン、川村毅
出演:田中壮太郎、山崎美貴、井上裕朗清水さと、ボブ・ワーリー、サラ・マクドナルド

全文を表示

川村毅のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 川村毅 / 田中壮太郎 / 清水さと / 井上裕朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします