長塚京三&原田美枝子がオペラ初挑戦、川端康成原作「眠れる美女」が本日まで

40

オペラ「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」が、昨日12月10日に東京・東京文化会館 大ホールにて開幕した。

「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」より。

「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」より。

大きなサイズで見る(全23件)

「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」より。

「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」より。[拡大]

東京文化会館の開館55周年、日本とベルギーの友好150周年を記念して上演される本作は、川端康成の小説「眠れる美女」に触発された作曲家ギー・カシアスと、プロデューサーのクリス・デフォートが台本から作り上げ、2009年に初演された現代オペラ。海辺の近くにある秘密の館を舞台に、老人が5人の“眠れる美女”と出会い、それぞれと過ごした一夜の情景が描かれる。

「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」より。

「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」より。[拡大]

日本語で上演されるパートには、オペラ初出演となる長塚京三原田美枝子が老人役、館の女主人役として登場。またこの公演には、ベルギーでの初演に参加した指揮者のパトリック・ダヴァン、バリトンのオマール・エイブライム、ダンサーの伊藤郁女も出演している。振付はシディ・ラルビ・シェルカウイが担当。公演は本日12月11日まで。

この記事の画像(全23件)

東京文化会館開館55周年・日本ベルギー友好150周年記念オペラ「眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~」

2016年12月10日(土)・11日(日)
東京都 東京文化会館 大ホール

原作:川端康成(「眠れる美女」1961年、新潮文庫刊)
演出:ギー・カシアス
台本:ギー・カシアス、クリス・デフォート、マリアンヌ・フォン・ケルホーフェン
ドラマトゥルク:マリアンヌ・フォン・ケルホーフェン
作曲:クリス・デフォート
指揮:パトリック・ダヴァン
振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ

キャスト

老人:オマール・エイブライム
女:カトリン・バルツ
老人:長塚京三
館の女主人:原田美枝子
眠れる美女:伊藤郁女
眠れる美女たち:原千裕、林よう子、吉村恵、塩崎めぐみ(コーラス)

全文を表示

関連記事

長塚京三のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 長塚京三 / 原田美枝子 / シディ・ラルビ・シェルカウイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします