ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ドキュメンタリー「さよなら、青山劇場」世界初上映、監督のトークも

570

DANCE NEW AIR 2014のイベントより。(撮影:YASKEI)

DANCE NEW AIR 2014のイベントより。(撮影:YASKEI)

ドキュメンタリー「さよなら、青山劇場」の世界初上映が、12月10日に東京・あうるすぽっと 3階会議室Bにて行われる。

「さよなら、青山劇場」は、東京・青山のこどもの城内に構える劇場として、青山円形劇場とともに多くの観客に親しまれた青山劇場の、閉館にまつわる関係者の証言を映像作品にまとめたもの。2人の韓国人アーティスト、チョン・ヨンドゥ、アン・ガンヒョンが監督を務めた。

演劇やダンスのフェスティバル開催、海外コンテンポラリーダンスの招聘など、日本の劇場文化に大きく寄与しながらも昨年2015年に閉館した青山劇場。本イベントは上映とトークを通して、「劇場」や「公共スペース」の社会的役割について考察する。なお上映後には舞踊評論家の石井達朗と、チョン・ヨンドゥによるトークが開催される。

ダンスカフェサロン in あうるすぽっと2016 舞踊学セミナー特別企画 ドキュメンタリー「さよなら、青山劇場」世界初上映+トーク

2016年12月10日(土)15:30~
東京都 あうるすぽっと 3階会議室B

第1部 ドキュメンタリー「さよなら、青山劇場」(62分)上映
監督:チョン・ヨンドゥ、アン・ガンヒョン

第2部 トーク
出演:石井達朗(舞踊評論家)、チョン・ヨンドゥ(監督 / 振付家)
司会:安田敬

ステージナタリーをフォロー