ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

浦井健治、一夜限りのソロコンサート開催「演じた役の面影引き連れ歌った」

1020

「KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~ Wonderland ~」より。左から照井裕隆、AKANE LIV、浦井健治、加賀谷真聡。

「KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~ Wonderland ~」より。左から照井裕隆、AKANE LIV、浦井健治、加賀谷真聡。

浦井健治が、昨日9月29日に東京・東京国際フォーラム ホールAにて、自身初となるソロコンサート「KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~ Wonderland ~」を開催した。

浦井のデビュー15周年を記念して行われたこのコンサートは、ミュージカル「アルジャーノンに花束を」「王家の紋章」など多くの作品で浦井とタッグを組んでいる荻田浩一が構成・演出を担当。俳優デビューを飾った「仮面ライダークウガ」から、8月に上演された最新作のミュージカル「王家の紋章」まで、彼がこれまでに出演した作品や演じた役にちなんだナンバー27曲が披露された。

スパンコールがあしらわれた黒のジャケットをまとって登場した浦井は、8月にリリースされた自身のソロアルバム「Wonderland」から「彼方へ」を歌い上げ、コンサートをスタートさせた。両手を大きく広げ笑顔を見せファンを歓迎したのも束の間、続く「ファラオとして」では「王家の紋章」で彼が演じた“ドS”で“ツンデレ”な王メンフィスさながら、ワイルドな歌声を轟かせる。

「デスノート The Musical」で夜神月が歌うナンバー「デスノート」を披露したあと、表情を緩めながら「ドリンク飲みたい! 5000人の前で!」と客席を見渡しながらMCの口火を切った浦井。「今日は楽しんでください!」とファンに呼びかけ、彼らが手にするサイリウムの光を「米粒」「チンアナゴ」と例えると、会場から大きな笑いが起こった。

2005・2007年に出演した「マイ・フェア・レディ」で扮したフレディのソロナンバー「君住む街」を胸に手を当てながら歌い終えた浦井は、「タイトル・オブ・ショウ」のナンバー「9人のお気に入り」でゲストボーカルのAKANE LIV照井裕隆、ダンサーの加賀谷真聡をステージに呼び込む。3人とも浦井と共演経験があり、特に浦井はシンフォニックメタルプロジェクト・LIV MOONとして活動するAKANE LIVを「メタル界の滝川クリステル」と紹介するなど打ち解けた雰囲気を見せていた。

間髪入れずにボケをかまして客席の笑いを誘うMCでの表情とは一変して、ミュージカルナンバーを披露する浦井は次々と声色や表情を変え、役に入り込んでいく。2009年に出演した「シラノ」のナンバー「完璧な恋人」は照井と腕を組みながらコミカルに、同じく2009年の「回転木馬」のナンバー「If I Loved You」では両端のステージに立ったAKANE LIVとともに切ない気持ちをしっとりと歌った。

駆け抜けた15年間を振り返り、浦井は「どの作品もどの役も、一瞬一瞬の記憶が体感として鮮明に残っています」と今日という日を迎えた感想をしみじみと語る。そしてジャケットの襟を正しながら「今日はこの衣装のままですが、役の面影を引き連れて歌います! どうぞみなさん、今日は役の衣装を僕に着せる“脳内コスプレ”をして楽しんでください!」と呼びかけた。

コンサートの後半では、タキシード仮面役で初舞台を踏んだ「美少女戦士セーラームーン」で小坂明子が浦井のために書いた「Taxedo Versus」を披露。アップテンポなナンバーに客席のボルテージも高まっていく中、劇団☆新感線「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」のシャルル・ド・ボスコーニュに扮して歌った「ジュヴ・ジュヴ」「派手好きが世界を救う」では客席が大きく沸いた。

皇太子ルドルフ役に抜擢され、浦井の出世作となった「エリザベート」からは「闇が広がる」を歌唱。2004年から2010年まで演じたルドルフについて「僕にとって大切すぎる役でした。どんな風に歌っていたか、細胞レベルで覚えているものだなって」と振り返り、久々に“演じた”感想を率直に語った。

初主演作となった「アルジャーノンに花束を」からは「ぼくわかしこくなりたい」を披露。自身が扮した知的障害のある青年チャーリィ・ゴードンさながら、手術をして賢くなりたい気持ちをあどけない表情と声音で造形する。そして2017年3月に同作で主演を務めることになった矢田悠祐が発表の前日、浦井に不安な気持ちを吐露したエピソードを紹介。「新しいアルジャーノンをあたたかく見守ってください」と後輩の門出に華を添えた。

アンコール前のラストナンバーは、2015年に出演した「ボンベイドリームス」の「The Journey Home」。大きな笑顔を見せて退場したあと、白を基調とした衣装に着替えて再登場した浦井は、MVをバックにアルバム曲の「Color Of Dream」を熱唱。客席の熱も最高潮に達する。続いて2017年2月に出演する「ビッグ・フィッシュ」より、初公開となる「Stranger」、「王家の紋章」より「今日のわたしに」を披露し、投げキッスを見舞った。

なおアンコールのMCでは、浦井本人の口から2017年9月に東京・新国立劇場 中劇場にて「デスノート The Musical」の再演決定の報がもたらされた。歓喜に沸く客席に顔をほころばせ、2階席にも届くように手を大きく振りながら、浦井は一夜限りのコンサートの幕を下ろした。

「KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~ Wonderland ~」

2016年9月29日(木)18:30~
東京都 東京国際フォーラム ホールA

構成・演出:荻田浩一
音楽監督:かみむら周平
出演:浦井健治
ゲストボーカル:AKANE LIV照井裕隆
ダンサー:加賀谷真聡

セットリスト

01.彼方へ /「Wonderland」より
02.ファラオとして /「王家の紋章」より
03.デスノート /「デスノート The Musical」より
04.君住む街 /「マイ・フェア・レディ」より
05.9人のお気に入り /「タイトル・オブ・ショウ」より
06.完璧な恋人 /「シラノ」より
07.If I Loved You /「回転木馬」より
08.Closer Than Ever /「ボンベイドリームス」より
09.Shakalaka Baby /「ボンベイドリームス」より
10.One Night In Bankok /「CHESS THE MUSICAL」より
11.The Arbiter /「CHESS THE MUSICAL」より
12.どうやって伝えよう /「ロミオ&ジュリエット」より
13.宝塚BOYSメドレー /「宝塚BOYS」より
  a.すみれの花咲く頃  
  b.モン・パリ
14.Tuxedo Versus /「美少女戦士セーラームーン」より
15.シャルル・メドレー / 劇団☆新感線「ZIPANG PUNK ~五右衛門ロックIII」より
  a.ジュヴ・ジュヴ
  b.派手好きが世界を救う
16.クウガ・メドレー /「仮面ライダークウガ」より
  a.仮面ライダークウガ!  
  b.青空になる
17.ミッドナイト・レディオ /「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」より
18.The Day After That /「蜘蛛女のキス」より
19.Anything For Him /「蜘蛛女のキス」より
20.闇が広がる /「エリザベート」より
21.サラへ /「ダンス オブ ヴァンパイア」より
22.いまは子どものままで /「二都物語」より
23.ぼくわかしこくなりたい /「アルジャーノンに花束を」より
24.The Journey Home /「ボンベイドリームス」より

アンコール

25.Color Of Dream /「Wonderland」より
26.Stranger /「Big Fish」より
27.今日のわたしに /「王家の紋章」より

ステージナタリーをフォロー