天王洲 銀河劇場、2017年4月以降も同じ劇場名で継続運営

1591

東京・天王洲 銀河劇場が、2017年4月以降も同じ劇場名で継続運営される。

天王洲 銀河劇場の外観。

天王洲 銀河劇場の外観。

大きなサイズで見る(全2件)

天王洲 銀河劇場の内観。

天王洲 銀河劇場の内観。[拡大]

2017年4月1日より、運営元が代々木アニメーション学院へと変更になる同劇場。これに伴い「天王洲 YOANI劇場」と改称されることが2月に発表されていたが、代々木アニメーション学院とホリプロの間での交渉が成立し、「天王洲 銀河劇場」の名での継続が正式に決定したという。

天王洲 銀河劇場は2006年10月にオープン。東京都品川区に位置し、客席数746席を有する。7月7日には朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」「俺とおまえの夏の陣」の開幕を控えている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします