ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

若き花方に迫る「スパイラル芸能の宴」に片岡千之助、清元昂洋、清元一太夫

38

「スパイラル芸能の宴2016『花方』~第二章『若松の宴』」が、4月29日に東京・スパイラルホールにて開催される。

スパイラルホールを「青山亭」と称し、作家の岩下尚史が“青山亭主人”となって、主人の目にかなった若手継承者の芸を紹介する本企画。序章、第一章は2013年に開催された。

今回は「若松の宴」と題し、2部構成で日本舞踏を紹介。第1部では、清元「玉屋」を、浄瑠璃方・清元一太夫と三味線方・清元昂洋らが奏で、父に片岡孝太郎、祖父に十五代目片岡仁左衛門をもつ片岡千之助が踊る。第2部では「東をどり」から「東風流彩色見本」を、新橋芸者の喜美弥 、きみ鶴 、寿々女の3名が披露する。

なお、それぞれの演目の後には、八嶋智人が進行役、岩下が聞き役となりトークセッションが開催される。出演者が、今回の公演の作品についてや、芸の成り立ち、若くして芸道の世界に身を置きそこで生きていくと決めたその決意など、それぞれの思いを語る。

スパイラル芸能の宴2016「花方」~第二章「若松の宴」

2016年4月29日(金・祝)
東京都 スパイラルホール

振付・監修:尾上菊之丞

第1部

清元 「玉屋」

立方:片岡千之助
浄瑠璃:清元一太夫、清元國恵太夫
三味線:清元昂洋、清元美十郎

トークセッション

出演:片岡千之助、清元昂洋、清元一太夫、八嶋智人(進行)、岩下尚史(主人)

第2部

東をどり 「東風流彩色見本」

立方:喜美弥、きみ鶴、寿々女
演奏:多賀子、照代、由良子

トークセッション

出演:喜美弥、きみ鶴、寿々女、多賀子、照代、由良子、八嶋智人(進行)、岩下尚史(主人)

ステージナタリーをフォロー