安藤洋子

アンドウヨウコ

横浜生まれ。1991年より木佐貫邦子ダンスアンサンブルnéoのメンバーとして公演に参加。97年より本格的に自作自演のソロダンス公演を開始し、同時に山崎広太、笠井叡のダンス作品にも出演。その傍ら、NODA・MAP公演「ローリング・ストーン」(98年)、小澤征爾指揮&ロベール・ルパージュ演出によるオペラ「ファウストの劫罰」(99年)、坂本龍一オペラ「LIFE」(99年)に出演する。2001年にフランクフルトバレエ団に入団。04年のバレエ団解散後もザ・フォーサイス・カンパニーに在籍し、15年にカンパニーが解散するまでフォーサイスと共に新作クリエーションを行った。バレエ団以外の活動としては自身の作・演出・出演作品のほか、イデビアン・クルー「排気口」、小野寺修二作・演出「空白に落ちた男」などへの出演、Noismへの振付提供など。YCAM InterLabとの共同研究開発にも携わっており、メディアテクノロジーを使ったダンスの創作と教育のためのツールを共同研究開発している。また後進の指導にも積極的に取り組み、大学や大学院で講義を持つほか、フォーサイス・メソッドに基づくバレエ・ワークショップなどを定期的に行なっている。