Coming Next 委員会 PR

Coming Next Artists シーズン2|4人のキュレーターが新人を紹介

日本レコード協会との連携企画として、昨年より同協会の正会員レーベル18社に所属する次世代アーティストを紹介している「Coming Next Artists」。シーズン2では各界の著名人やミュージシャンによる新人アーティストの新作のディスクレビューと、4人のキュレーターによる対談企画を展開する。対談企画には金澤ダイスケ(フジファブリック)、藤井隆、沙田瑞紀(ねごと)、mabanuaがキュレーターとして参加。それぞれ話を聞きたいアーティストとトークを交わし、新人たちの魅力を探っていく。

ディスクレビュー

レコード協会の正会員レーベル18社に所属するアーティストの作品を、さまざまな分野の著名人やミュージシャンがレビュー。

キュレーター対談

金澤ダイスケ(フジファブリック)、藤井隆、沙田瑞紀(ねごと)、mabanuaの4人のキュレーターが、それぞれ話を聞きたい次世代アーティストにインタビュー。

Coming Soon

キュレーター プロフィール

金澤ダイスケ
金澤ダイスケ(カナザワダイスケ)
フジファブリックのキーボード担当。バンドは2004年のデビュー以降「銀河」「茜色の夕日」「若者のすべて」などヒット曲を生み出すが、2009年にメンバーの志村正彦が急逝し、2011年夏より金澤、山内総一郎(Vo、G)、加藤慎一(Ba)の新体制で再始動した。金澤はバンド内で作詞や作曲も担当しているほか、2010年から2011年にかけてはASIAN KUNG-FU GENERATIONのロングツアーにサポートメンバーとして参加した。フジファブリックは2019年1月23日にニューアルバム「F」をリリースし、3月から4月にかけて全国ツアーを行う予定。さらに同年10月20日にデビュー15周年を記念して大阪・大阪城ホール公演を開催する。
藤井隆
藤井隆(フジイタカシ)
1972年3月10日生まれ。1992年に吉本新喜劇オーディションを経て、お笑い芸人として吉本興業入り。2000年にシングル「ナンダカンダ」で歌手デビューし、同年「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たす。2015年6月におよそ11年ぶりとなるオリジナルアルバム「Coffee Bar Cowboy」を自身のレーベル「SLENDERIE RECORD」から発表。2017年9月には2年3カ月ぶりのオリジナルアルバム「light showers」をリリースした。自身のアーティスト活動のみならず 、早見優、レイザーラモンRG、椿鬼奴といった面々の音楽作品のプロデュースも行っている。
沙田瑞紀
沙田瑞紀(マスダミズキ)
4人組ロックバンド・ねごとのギタリスト。高校2年生だった2007年にねごとを結成し、翌年開催された「閃光ライオット2008」で審査員特別賞を受賞した。2010年9月に1stミニアルバム「Hello! "Z"」でメジャーデビュー。2011年3月発表の1stシングル「カロン」がau「LISMO!」のCMソングとしてオンエアされ幅広い層から注目を集めた。2016年11月に中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)と益子樹(ROVO)をプロデューサーに迎えたCD「アシンメトリ e.p.」を、2017年には4thアルバム「ETERNALBEAT」、5thアルバム「SOAK」と2枚のアルバムをリリース。2018年2月から4月にかけて、最新アルバムを携えたワンマンツアー「SOAK」を開催した。
mabanua
mabanua(マバヌア)
バンド・Ovallのドラマーをはじめ、プロデューサー、シンガーとしても活躍するアーティスト。Ovallの活動と並行して2008年にソロ活動をスタートし、11月に初のソロアルバム「done already」をリリースした。またChara、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、矢野顕子、くるり、RHYMESTER、米津玄師、藤原さくら、Negiccoなどのプロデューサー、ドラマー、リミキサーを担うほか、CM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も多数担当。2018年にはテレビアニメ「メガロボクス」の劇伴を手がけた。同年8月には前作から約6年ぶりとなるアルバム「Blurred」を発表。11月からは今作のリリースを記念したツアー「mabanua tour 2018 "Blurred"」を行っている。
Coming Next Artists シーズン1はこちら