ましのみ「ぺっとぼとレセプション」 PR

Coming Next Artists シーズン2

ましのみ「ぺっとぼとレセプション」

2019年2月20日発売 / ポニーキャニオン

新作で感じる3つのアップデート

文 / Tom-H@ck

奇才だ! 変人だ! と世間は騒ぐが、そのすべてが本人からしたら褒め言葉なのでしょう。でも本当の彼女の姿、それは“天才”そのものだと僕は思う。ましのみちゃんの新作「ぺっとぼとレセプション」、このアルバムには、現状の彼女の“今”がものすごい鮮度で収められています。アルバムを通して聴いた感想として、さまざまなアップデートを率直に感じることができます。

まず1つ目のアップデート。
それは世界観の深さの増量。
彼女が紡ぎ出す、歌詞のひと言ひと言、そして楽曲のメロディのポップセンスの洗練さ加減、すべてが完成系に近付いてきていて、彼女だけが表現できる世界観の濃度が“ましまし”になっているのです。
ましのみだけに。

そして2つ目のアップデート。
アルバム全体の音のよさ。
今まで彼女が世に出してきた音源の中で今回のアルバムの曲たちはダントツで音がいい。日本のアーティストがリリースしていくごとに、音のよさをないがしろにしていく人たちが多い中で、大変いいことだと個人的には思う。音がよい=アーティストの品格が上がるのである。

そして3つ目のアップデート。
ファン、リスナーとの距離感の接近。
個人的にはこれが一番大きい変化で、一番素敵なことだと思う。どういうことかと言うと、彼女の音楽そのものが、普段ましのみサウンドを聴いている人たちに対して「日常的に寄り添ってあげる音楽そのもの優しさの増加」が見てとれるのである。人というのはそれぞれに楽しいことや、悩んでいること、悲しいことなど、日々たくさんのことを経験しています。そんな感情豊な世の中の人たちの日々に向けて、今まで以上に、もっと生活の一部として“ましのみ”という存在が溶け込んでいき、聴き手の心に寄り添ってあげてられている。そういった意味でのアーティストとしての存在感が如実に強くなっているな、とこのアルバムを聴いて強く思いました。世の中の人もましのみちゃんも、その周りの人たちもみんながハッピーになる。こんな素敵なことはありません。

「ぺっとぼとレセプション」を聴いて、表面的な音楽そのものの素晴らしさもたくさん感じましたが、その中身にはぎゅうぎゅうに彼女が作り出した、彼女自身の存在のアップデートが詰まっています。ぜひ皆様にも感じてもらいたいです。ゆっくりと、日頃の空いた時間でましのみちゃんの音楽を聴いてみてください。必ずや、今までのあなたの気付かなかった人生の隙間に、ましのみがニヤニヤして入り込んでくることでしょう。
最高のアルバムです。

ましのみ「ぺっとぼとレセプション」

ましのみ「ぺっとぼとレセプション」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
3500円 / PCCA-04748

Amazon.co.jp

ましのみ「ぺっとぼとレセプション」通常盤

通常盤 [CD]
3000円 / PCCA-04749

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. フリーズドライplease
  2. 's
  3. タイムリー
  4. 美化されちゃって大変です
  5. Q.E.D.
  6. どうせ夏ならバテてみない?
  7. 錯覚
  8. コピペライター
  9. ターニングポイント
  10. ゼログラビティのキス
  11. 凸凹
  12. AKA=CHAN

ボーナストラック

  1. 夢ノート
初回限定盤DVD収録内容
  1. 「フリーズドライplease」MusicClip
  2. Digest of「ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2@代官山 UNIT」
  3. mashinoMISSion
  4. Making of「フリーズドライplease」Music Clip &「ぺっとぼとレセプション」Jacket Shooting
各サブスクリプションサービスで、ましのみ「ぺっとぼとレセプション」を聴く
ましのみ
ましのみ
1997年生まれのシンガーソングライター。2015年1月に東京・下北沢LOFTで初ライブを行い、大学に通いながら都内で精力的にライブ活動を行う。2016年3月、音楽コンテスト「Music Revolution 第10回 東日本ファイナル」でグランプリを獲得。2018年2月にアルバム「ぺっとぼとリテラシー」をポニーキャニオンからリリースし、メジャーデビューを果たす。同年8月にはメジャー1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」を発表。2019年2月には2ndアルバム「ぺっとぼとレセプション」をリリースした。