音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ももクロ香川で60分2本勝負「ももクノvol.4」大熱戦

909

ももいろクローバーZのライブシリーズ「独占!ももクノ60分」の第4弾が、本日11月11日に香川・さぬき市野外音楽広場テアトロンにて行われた。

「独占!ももクノ60分」は通常のライブにおける決めごとを極力排した、自由度の高いステージが人気のライブシリーズ。パフォーマンス時間はぴったり60分と定められているため、時間をオーバーすると楽曲の途中でも強制終了となるのも「ももクノ」の醍醐味となっている。

初めて関東圏を飛び出して実施された本日の「ももクノ」は60分2本勝負。香川は朝から大粒の雨にみまわれ公演中止も危ぶまれたが、第1部開演時には奇跡的に雨が上がり、ステージは問題なく幕を開いた。すり鉢状の客席で待ち構える約5000人のファンの前に姿を現したももクロの5人。「ももクノ」のタイムキーパー担当・高城れにがステージ下手に置かれた巨大タイマーのスイッチを押した瞬間から、きっちり60分のショーが始まる。メンバーがまず初めにやらなければいけないのは、披露曲目をその場で決めるセットリスト会議。とりとめのないやりとりが続き、結局セットリスト全11曲が固まるまでに早くも10分をロスしてしまう。1曲目に選ばれたのは、11月21日にシングルリリースされる「サラバ、愛しき悲しみたちよ」だ。

第1部ではそのほか初期のナンバー「ラフスタイル」や、玉井詩織、有安杏果、高城れにの3人で歌う佐々木彩夏のソロ曲「だって あーりんなんだもーん☆」といった貴重なシーンも。しかし、セットリスト会議が長引いたことや、7分を超える「Z女戦争」が歌われたこともあり、9曲目「白い風」の前半で制限時間が終了。観客のアカペラ大合唱による後押しで強引にサビまで歌い切ったが、この楽曲を熱烈に希望していた高城のソロパートまでは到達しなかった。

15:00よりスタートした第2部では前回の反省を踏まえ、セットリスト会議は約6分にまで短縮。前回好評だったボーカルシャッフル楽曲のコーナーは2曲に増やされた。このコーナーは、メンバーが箱の中からクジを引き「何人で」「どの曲を」「誰が」歌うかを決める“5W1H”方式によるもの。2度にわたるクジ引きの結果、曲目は佐々木&有安の“あーりんやす”による百田ソロ「渚のラララ」、メンバー全員による玉井ソロ「…愛ですか?」となった。

なお第1部の「ラフスタイル」と、第2部で歌われたPUFFYのカバー「ハズムリズム」の2曲はメンバーのセレクトではなく、スタッフがぶっつけ本番で流したトラックに5人が即座に対応して歌うという挑戦的な選曲。どちらも最近のライブではレパートリーに入ることがほとんどない楽曲だけに、メンバーは歌もダンスもしどろもどろだ。とはいえ「ももクノ」ではそういったゆるい空気感も含めて楽しむことが定番化している。1本目の反省点をすぐに反映させて次のステージをブラッシュアップさせるのもまた「ももクノ」の魅力で、第2部では残り5分弱でラストナンバーの「走れ!」に到達。アウトロがぎりぎり60分に収まらなかったが、ここもファンの熱いコールに後押しされて無理矢理最後まで踊り切った。

ももクロの素の魅力が存分に味わえるイベントとしてすっかり定着した「ももクノ」。今回参加できなかった人は、次回「vol.5」の開催に期待しておこう。

ももいろクローバーZ「独占!ももクノ60分 vol.4」セットリスト

[第1部]
01. サラバ、愛しき悲しみたちよ
02. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
03. words of the mind ~brandnew journey~
~MC1:自己紹介~
04. Z女戦争
05. DNA狂詩曲
06. Chai Maxx
~MC2:桃屋「キムチの素」を全力で宣伝する2分間~
07. ラフスタイル
08. だって あーりんなんだもーん☆ / 玉井詩織、有安杏果、高城れに
09. 白い風(時間切れにより途中終了)
~MC3~(時間切れにより未遂)
10. We are UFI!!!!(時間切れにより未遂)
11. もリフだョ!全員集合(時間切れにより未遂)

[第2部]
01. サラバ、愛しき悲しみたちよ(間奏で高城の自己紹介)
02. 気分はSuper Girl!(間奏で佐々木、玉井の自己紹介)
03. Hello…Good Bye
~MC1:有安、百田の自己紹介~
04. ももいろパンチ
05. 全力少女
06. ももクロのニッポン万歳
~MC2:5人でうどんのことを2分間~
07. ハズムリズム
08. 渚のラララ / 佐々木彩夏&有安杏果
09. …愛ですか? / ももいろクローバーZ
~MC3:省略~
10. 走れ!

音楽ナタリーをフォロー