WANDS

WANDS

ワンズ

1991年12月にシングル「寂しさは秋の色」でデビューした男性ロックバンド。翌年7月リリースのシングル「もっと強く抱きしめたなら」が大ヒットし、同年10月には中山美穂とのコラボレーションシングル「世界中の誰よりきっと」をリリースする。その後も数々のヒット曲を発表するが、1997年に活動を休止。メンバーチェンジを経て活動を再開するも2000年3月をもって解散を発表した。2019年11月に解散前からのメンバーである柴崎浩(G)、木村真也(Key)と新メンバーの上原大史(Vo)の新体制での活動再開を発表し、2020年1月に再始動後初の作品となるシングル「真っ赤なLip」をリリースした。

リンク

関連する画像