【日本アカデミー賞】黒木華が最優秀助演女優賞「作品で少しでも救われる人がいたら」

2420

黒木華が第44回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を獲得した。

これは、本日3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式内で発表されたもの。「浅田家!」における演技が評価されて受賞した。

「小さいおうち」「母と暮せば」に続き、3度目の最優秀助演女優賞に輝いた黒木。「母と暮せば」でも恋人同士の役を演じた二宮和也との息がぴったりだったことをMCのシム・ウンギョンから伝えられると「光栄です」とはにかむ。本作参加の決め手も二宮だったと語り、「番組でお会いしたときに『やるよね』と。ありがたい気持ちとちょっとした圧を感じて、身が引き締まりました」と冗談めかして明かす。続けて「ちょっとピリピリしている空気の中で、映画を観に行けるようになれてすごく救われました。改めて映画のありがたみ、大事さに気付きました。素敵な作品を届けて、それで少しでも救われる人がいたら」と話しスピーチを締めくくった。

授賞式には、優秀助演女優賞に選出された「事故物件 恐い間取り」の江口のりこ、「男はつらいよ お帰り 寅さん」の後藤久美子、「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」の安田成美が出席。「一度も撃ってません」の桃井かおりはリモートで米ロサンゼルスより参加した。

映画ナタリーでは、このあとも授賞式の模様を引き続きレポートする。

※授賞式の写真掲載期間は終了しました

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

優秀助演女優賞

江口のりこ「事故物件 恐い間取り」
黒木華浅田家!
後藤久美子「男はつらいよ お帰り 寅さん」
桃井かおり「一度も撃ってません」
安田成美「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」
※★印が最優秀助演女優賞

全文を表示

関連記事

黒木華のほかの記事

リンク

関連商品

(c)日本アカデミー賞協会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 浅田家! / 黒木華 / 安田成美 / 江口のりこ / 後藤久美子 / 桃井かおり の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。