【日本アカデミー賞】岡田健史、永瀬廉、森七菜が新人俳優賞に喜びのコメント

2755

第44回日本アカデミー賞の新人俳優賞を獲得した服部樹咲蒔田彩珠森七菜岡田健史奥平大兼永瀬廉が本日3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式に参加した。

服部は「ミッドナイトスワン」、蒔田は「朝が来る」、森は「ラストレター」で、岡田は「望み」「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」「弥生、三月-君を愛した30年-」、奥平は「MOTHER マザー」、永瀬は「弱虫ペダル」の演技によって受賞を果たした。

岡田は今回の受賞に「大変光栄なことではありますが、一喜一憂することなく、目の前の刹那に向き合えるような役者でありたいと思います」と気を引き締め、「僕と一緒に闘ってくださった皆様、おめでとうございます」と述べる。奥平はデビュー作となった「MOTHER マザー」で母親役を演じた長澤まさみが授賞式に参加していることから「長澤さんとこういう舞台に一緒に立てるということは、本当に光栄でありがたいこと。この賞に満足することなく、またこの舞台に戻ってこられるようにがんばりたいと思います」とコメントした。

永瀬は受賞を喜び、「まだ出会ったことのない自分に出会えるよう、出演させてくださる作品に少しでも華を添えられるようにがんばっていきたいと思います」と語り、「弱虫にならずエンタテインメントという厳しい坂を登り続けたいと思います」と意気込んだ。

「『ミッドナイトスワン』のオーディションに受かった2年前、このような素晴らしい賞をいただくことになるなんて想像もしていなかったので、夢のようです」と語る服部は、「努力して長くこのお仕事を続けていきたいと思います」と決意。蒔田は「今までこの舞台にたくさんの先輩方が立っている姿をテレビ越しに見て、『いつか私も立てたらな』と思っていました。これからも家族や友達、事務所の方に支えられながら、自分の大好きなお芝居を続けていけたらなと思います」と語った。

森は「ここまで来れたのは本当に皆様のおかげだなと、それだけしかありません。この新人俳優賞から始まった人生を長いものにするために、皆様からのお声をいただけるようにしていきたいです。これからもがんばってまいります」と感極まった様子で、周囲の支えに感謝した。

映画ナタリーでは、このあとも授賞式の模様を引き続きレポートする。

※授賞式の写真掲載期間は終了しました

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

関連記事

岡田健史のほかの記事

リンク

関連商品

(c)日本アカデミー賞協会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 望み / ドクター・デスの遺産-BLACK FILE- / 弥生、三月-君を愛した30年- / 弱虫ペダル / ラストレター / ミッドナイトスワン / 朝が来る / MOTHER マザー / 岡田健史 / 永瀬廉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。