【日本アカデミー賞】長澤まさみが最優秀主演女優賞「誠実に映画作りに向き合っていきたい」

431

長澤まさみが「MOTHER マザー」の演技により第44回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

これは、本日3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式内で発表されたもの。ブロンズを受け取った長澤は涙で声を詰まらせながら「本当にたくさんの方に支えてもらわなければ、映画作りはできないんだなと去年身に染みて感じました。きっと、本当は作りたかった映画を作れなかった人、公開したい映画が先延ばしになっている人がたくさんいると思います」と映画人に思いを馳せ、「映画を公開し、たくさんの方に観に来ていただけたことはうれしいです。これからも誠実に映画作りに向き合って、がんばっていきたいです」と思いを口にした。

授賞式には、優秀主演女優賞に選出された「糸」の小松菜奈、「朝が来る」の永作博美、「男はつらいよ お帰り 寅さん」の倍賞千恵子、「一度死んでみた」の広瀬すずも出席した。

映画ナタリーでは、このあとも授賞式の模様を引き続きレポートする。

※授賞式の写真掲載期間は終了しました

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

優秀主演女優賞

小松菜奈「糸」
永作博美「朝が来る」
長澤まさみ「コンフィデンスマンJP プリンセス編」「MOTHER マザー
倍賞千恵子「男はつらいよ お帰り 寅さん」
広瀬すず「一度死んでみた」
※★印が最優秀主演女優賞
※長澤まさみは「MOTHER マザー」の演技での最優秀賞受賞

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

長澤まさみのほかの記事

リンク

関連商品

(c)日本アカデミー賞協会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 MOTHER マザー / 長澤まさみ / 小松菜奈 / 永作博美 / 倍賞千恵子 / 広瀬すず の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。