「10万分の1」白濱亜嵐から平祐奈への“いい男すぎる対応”に、監督「イラッとした」

5231

10万分の1」のワールドプレミアが、第33回東京国際映画祭内で本日11月5日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催され、キャストの白濱亜嵐EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE / PKCZ)と平祐奈、監督の三木康一郎が舞台挨拶に登壇した。

白濱亜嵐

白濱亜嵐

大きなサイズで見る(全24件)

左から三木康一郎、白濱亜嵐、平祐奈。

左から三木康一郎、白濱亜嵐、平祐奈。[拡大]

宮坂香帆のマンガを実写化した本作は、剣道部所属のイケメン高校生・桐谷蓮と、マネージャー桜木莉乃の関係を描くラブストーリー。蓮からの告白をきっかけに付き合い始めた2人だったが、やがて莉乃の体に異変が起きるさまが映し出される。白濱が蓮、平が難病を患う莉乃を演じた。

白濱亜嵐

白濱亜嵐[拡大]

白濱は、満員の客席を見渡し「エンタテインメントがやりづらい中でも、当たり前の日常が少しずつ戻ってきているんだなと、今日ここに立って感じました」としみじみ。平も「(景色に)すごく圧倒されますね。うれしいです」と感慨を述べた。

左から三木康一郎、白濱亜嵐、平祐奈。

左から三木康一郎、白濱亜嵐、平祐奈。[拡大]

三木は、本作が東京国際映画祭で上映された感想を「少女マンガ原作なので、まさか呼ばれるとは思っていませんでした」と率直に明かす。続けて「今回の作品はALS(筋萎縮性側索硬化症)という病気をテーマとしています。そのあたりはしっかりと2人に演じてもらいたいなと思って、現場でも細かく指示しながら撮った甲斐があって、こういうところに呼ばれたのかなと。お二人にすごく感謝してます」と白濱と平を見て言った。

平祐奈

平祐奈[拡大]

役に関する話題で、白濱は「初恋の相手がALSという病気を患ってしまったら……白濱亜嵐だったらどうするんだろう?と考えて、自分自身に置き換えながら役作りしていきました。蓮が莉乃を見守る目は優しさにあふれていないとな、と心がけました」と振り返る。また白濱は、莉乃が運動会で転ぶシーンでの平の様子を「本当に転んで、普通にけがしてて……。脚をすりむいていたんですが、気にもせず撮影を続けていたので、根性あるんだなと思いました」と絶賛。「両ひざ、あざだらけでした」と笑う平は、白濱について「いつでもこのままの白濱亜嵐さんという感じ。感情が高まるシーンが多かったので、私がつまづいていると『大丈夫だよ』と一緒に深呼吸してくださった」と証言する。それを受け三木が「いい男すぎて、ちょっと本当に毎回イラッとしてました(笑)」と告白すると、白濱は「全部狙ってやってるんです、僕は! 計算です!(笑)」と照れ隠しした。

左から白濱亜嵐、平祐奈。

左から白濱亜嵐、平祐奈。[拡大]

本作の主題歌には、GENERATIONSの「Star Traveling」が使用されている。同曲について白濱は「僕の出演する映画で、GENERATIONSが主題歌を担当したことはなかったので、不思議な感じもします」と話し、「ボーカル2人がすごく丁寧に大切に歌ってくれたのでうれしい」と、歌唱を担当する数原龍友と片寄涼太に感謝を述べる。また、三木が「ダンスソングが来たらどうしようかと思ってた」と笑うと、白濱は「いやいやこの映画でそれはないですよ、さすがに! ちゃんと合わせに行きました!(笑)」と返した。

「10万分の1」は11月27日に全国公開。

この記事の画像・動画(全24件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

白濱亜嵐のほかの記事

リンク

関連商品

(c)宮坂香帆・小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 10万分の1 / 白濱亜嵐 / GENERATIONS from EXILE TRIBE / EXILE / 平祐奈 / 三木康一郎 / PKCZ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。