ニューヨーク・アジアン映画祭、オダギリジョー「ある船頭の話」など日本から8本出品

1120

第19回ニューヨーク・アジアン映画祭が、8月28日から9月12日にかけて開催決定。日本から8本の映画がラインナップした。

「ある船頭の話」 (c)2019 "They Say Nothing Stays the Same" Film Partners

「ある船頭の話」 (c)2019 "They Say Nothing Stays the Same" Film Partners

大きなサイズで見る(全19件)

2002年に創設されたニューヨーク・アジアン映画祭は、毎年6月後半から7月にかけて米マンハッタンで開催される映画祭。今年は新型コロナウイルスの影響により、モバイルプラットフォームを使用する“スマートシネマ”を通じてオンライン上で実施される。

オダギリジョー

オダギリジョー[拡大]

センターピースとして、オダギリジョーの長編監督デビュー作「ある船頭の話」の米国プレミアを実施。クリストファー・ドイルが撮影監督を務め、柄本明永瀬正敏浅野忠信蒼井優らが出演した本作は、この映画祭のコンペティション作品の1つにもなっている。

「影裏」 (c)2020 Beneath the Shadow Film Partners

「影裏」 (c)2020 Beneath the Shadow Film Partners[拡大]

「ひとよ」 (c)2019 "One Night" Film Partners

「ひとよ」 (c)2019 "One Night" Film Partners[拡大]

「DANCING MARY ダンシング・マリー」 (c)LDH JAPAN

「DANCING MARY ダンシング・マリー」 (c)LDH JAPAN[拡大]

さらに日本からは、内藤瑛亮の「許された子どもたち」、大友啓史の「影裏」、足立紳の「喜劇 愛妻物語」、真利子哲也の「宮本から君へ」、白石和彌の「ひとよ」が出品。SABUが監督しNAOTO(EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主演した「DANCING MARY ダンシング・マリー」、長渕剛主演の「太陽の家」も上映される。

またニューヨーク・アジアン映画祭では、映画に関わる女性に焦点を当てている。オープニングフィルムにはフィリピンの女性監督ラエ・レッドによる「女と銃」が選出されたほか、韓国の「チャンシルさんには福が多いね」「82年生まれ、キム・ジヨン」、台湾の「Heavy Craving(英題)」、香港の「私のプリンス・エドワード」、マレーシアの「Victim(s)(原題)」といった作品がラインナップした。

この記事の画像(全19件)

関連記事

オダギリジョーのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ある船頭の話 / 許された子どもたち / 影裏 / 喜劇 愛妻物語 / 宮本から君へ / ひとよ / ダンシング・マリー / 太陽の家 / チャンシルさんには福が多いね / 82年生まれ、キム・ジヨン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。