大林宣彦が半生と映画論を語った「ぼくの映画人生」文庫版で登場、装丁は和田誠

493

4月に82歳で死去した大林宣彦の書籍「ぼくの映画人生」の文庫版が、7月17日に実業之日本社から発売される。

「ぼくの映画人生」書影

「ぼくの映画人生」書影

大きなサイズで見る

ぼくの映画人生(実業之日本社文庫)

大林宣彦「ぼくの映画人生(実業之日本社文庫)」
Amazon.co.jp

2008年に発売された単行本の文庫版となる本書は、大林が70歳を機にその半生と映画論を語った“自伝のような1冊”。生い立ち、自主制作時代、尾道三部作と呼ばれる「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」についてつづられているほか、これからを生きる人へのメッセージなども収められた。

文庫版の解説として、大林と長年親交のあった赤川次郎が惜別の思いを込めた「『ふたり』の思い出」を収録。装丁と絵は、2019年10月にこの世を去った和田誠が手がけた。

関連記事

大林宣彦のほかの記事

リンク

関連商品

(c)1985東宝