スタジオジブリ「アーヤと魔女」場面カット公開、宮崎吾朗のコメントも到着

138

宮崎吾朗が監督を務めたスタジオジブリの新作長編アニメ「アーヤと魔女」の場面カットが公開された。

「アーヤと魔女」キービジュアル

「アーヤと魔女」キービジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

スタジオジブリ初の全編3DCG制作作品となる本作は、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、奇妙な家で意地悪な魔女と暮らすことになる物語。映画「ハウルの動く城」の原作者としても知られるダイアナ・ウィン・ジョーンズの遺作となった児童文学を原作とし、同書を気に入った宮崎駿が企画を担当した。また本作は、第73回カンヌ国際映画祭の「Official Selection 2020」に選出されている。

「アーヤと魔女」

「アーヤと魔女」[拡大]

「アーヤと魔女」

「アーヤと魔女」[拡大]

「アーヤと魔女」

「アーヤと魔女」[拡大]

場面カットには、アーヤが子供たちの中で顔をしかめる姿や、文字がびっしりと書かれたノートに向き合う場面が。宮崎吾朗は「今、僕たちの国では、大人ばかりが多くて、子どもの数が少ないです。その少ない数で沢山の大人を相手にしなければいけないから、今の子どもたちは大変だろうな。そんなことを考えているときに僕はアーヤに出会いました。そして、『そうか、そうすりゃ良いのか!』と思ったのでした」と述べ、「アーヤが面倒くさい大人たちを相手にどうするか? それはどうか『アーヤと魔女』をご覧になってください」とつづった。

「アーヤと魔女」は2020年冬にNHK総合で放送される。

アーヤと魔女

NHK総合 2020年冬放送(予定)

宮崎吾朗 コメント

今、僕たちの国では、大人ばかりが多くて、子どもの数が少ないです。
その少ない数で沢山の大人を相手にしなければいけないから、今の子どもたちは大変だろうな。
そんなことを考えているときに僕はアーヤに出会いました。そして、「そうか、そうすりゃ良いのか!」と思ったのでした。
アーヤが面倒くさい大人たちを相手にどうするか? それはどうか『アーヤと魔女』をご覧になってください。
憎たらしいけど、可愛い僕らのアーヤが、子どもたちを勇気づけ、大人たちを元気づけてくれることを、心から願っています。

この記事の画像(全8件)

関連記事

宮崎吾朗のほかの記事

関連商品

(c)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli