入江悠が「AI崩壊」秘話明かす、大沢たかおへの演出は「超人になってはいけない」

723

AI崩壊」で監督を務めた入江悠が、Web番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。その模様がYouTubeで公開されている。

左から入江悠、映画評論家の森直人。

左から入江悠、映画評論家の森直人。

大きなサイズで見る(全6件)

「AI崩壊」ポスタービジュアル

「AI崩壊」ポスタービジュアル[拡大]

AIが国民生活に浸透した2030年の日本が舞台の本作は、画期的な医療AI「のぞみ」を生み出した天才科学者・桐生浩介を主人公とするサスペンス。大沢たかおが桐生を演じた。

入江悠

入江悠[拡大]

入江は番組内で、リアリティにこだわるため人工知能学会に入会したことや、大沢への演出について「トム・クルーズみたいな超人になってはいけない。(普通の男性が)できないレベルのことはしない」と決めていたことを語っている。

「AI崩壊」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全6件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

入江悠のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 AI崩壊 / 入江悠 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。