映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

福島第一原発事故描く「Fukushima 50」のドルビーシネマ上映が決定

155

福島第一原子力発電所の事故を描く「Fukushima 50」のドルビーシネマ上映が決定した。

門田隆将によるノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を「沈まぬ太陽」の若松節朗が実写化した本作。原発事故の現場に残り、世界中のメディアから“Fukushima 50”とたたえられた作業員たちの姿が描かれる。福島第一原発1・2号機の当直長・伊崎利夫役の佐藤浩市、福島第一原発所長・吉田昌郎役の渡辺謙のほか、吉岡秀隆緒形直人火野正平平田満萩原聖人吉岡里帆斎藤工富田靖子佐野史郎安田成美らがキャストに名を連ねた。

ドルビーシネマは、最新鋭のHDR映像技術ドルビービジョンと立体音響技術ドルビーアトモス、そして映画体験に最適化されたシアターデザインが一体となったシネマフォーマット。「Fukushima 50」のドルビーシネマ上映は、東京・丸の内ピカデリー、埼玉・MOVIXさいたま、愛知・ミッドランドスクエア シネマ、大阪・梅田ブルク7、福岡のT・ジョイ博多で体験することができる。

「Fukushima 50」は2020年3月より全国ロードショー。

(c)2020『Fukushima 50』製作委員会

映画ナタリーをフォロー