Fukushima 50(フクシマフィフティ)

Fukushima 50(フクシマフィフティ)

フクシマフィフティ

2020年3月6日(金)公開 / 上映時間:122分 / 製作:2020年(日本) / 配給:松竹=KADOKAWA

(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

解説 2011年3月11日に発生した、東日本大震災時の福島第一原発事故を題材にした人間ドラマ。門田隆将によるノンフィクションを基に、東日本壊滅の危機が迫る中で発電所内に残った人々の姿を描く。福島第一原発1・2号機当直長を佐藤浩市、第一原発所長を渡辺謙が演じるほか、豪華俳優陣が集結した。監督は『沈まぬ太陽』の若松節朗が務める。

ストーリー 2011年3月11日、午後2時46分に東日本大震災が発生。その直後、津波に襲われた福島第一原発は全電源が喪失し、原子炉の冷却が不可能な状態に陥る。原発内にとどまった所長の吉田や伊崎ら地元出身の作業員らは、自らの命を懸けて事態の収束にあたる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全13件)