映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

福島第一原発事故描く「Fukushima 50」佐藤浩市と渡辺謙のコメント収めた映像到着

439

「Fukushima 50」ビジュアル。左から吉岡秀隆、佐藤浩市、渡辺謙、安田成美。

「Fukushima 50」ビジュアル。左から吉岡秀隆、佐藤浩市、渡辺謙、安田成美。

Fukushima 50」の特別映像がYouTubeで公開された。

門田隆将によるノンフィクションをもとにした「Fukushima 50」は、東日本大震災時の福島第一原発事故を描く作品。事故当時、福島第一原発1・2号機の当直長だった伊崎利夫を佐藤浩市、福島第一原発所長・吉田昌郎を渡辺謙が演じ、吉岡秀隆安田成美もキャストに名を連ねた。

このたび到着した映像で渡辺は「単純に映画を作る以上の、いい意味での緊張感がありますね」とコメント。また佐藤の「忘れなければ生きていけないことと、絶対に忘れてはいけないこと。その2つが生きていくうえで大変大事なことだと思っております」という言葉が収められている。

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の前川洋一が脚本を手がけ、映画「沈まぬ太陽」の若松節朗がメガホンを取った「Fukushima 50」。2020年3月より全国で公開される。

(c)2020『Fukushima 50』製作委員会

映画ナタリーをフォロー