映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

染谷将太×戸田恵梨香×窪塚洋介「最初の晩餐」、“通夜ぶるまい”通して家族の姿描く

1376

「最初の晩餐」

「最初の晩餐」

染谷将太が主演する「最初の晩餐」が、11月1日に公開されることがわかった。

本作は、父の通夜に母が出した“通夜ぶるまい”を通して家族の姿を描く物語。母が仕出し屋の弁当を突然キャンセルして出した料理の数々が、父の残したノートから作られた思い出の一品だと気付き始める兄弟たち。父との時間を思い出す中、家族も知らなかった秘密が浮き彫りになっていく。

主人公の東麟太郎を染谷将太、姉の美也子を戸田恵梨香、兄のシュンを窪塚洋介が演じる。母・アキコ役に斉藤由貴、父・日登志役に永瀬正敏がキャスティングされ、共演として「天気の子」の森七菜や「地獄少女」の楽駆が名を連ねた。メガホンを取ったのは、短編オムニバス「CINEMA FIGHTERS」で「終着の場所」を手がけた常盤司郎。常盤は今作が長編映画のデビューとなる。

染谷は「『家族』『愛』複雑だけどとてもシンプルなことをとても正直に描いています。どんな人の心のヒダにも触れる映画です」と紹介し、永瀬は東一家について「歪で、煩わしい、でもきっとある意味で“嘘の無い”とても普通の家族」とコメント。常盤は「家族が『家族になる瞬間』を感じていただければと思います」と作品をアピールした。

「HANA-BI」の山本英夫が撮影した「最初の晩餐」は東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

染谷将太 コメント

私はこの映画に、今まで感じたことの無い感動を覚えました。何故ならば「最初の晩餐」は、清々しいほど正直な映画だからです。「家族」「愛」複雑だけどとてもシンプルなことをとても正直に描いています。どんな人の心のヒダにも触れる映画です。感情がつまりにつまった家族の食をスクリーンで味わい、絶対に自分の心に触れてくる感情に劇場でどっぷし浸かり、皆様一人一人、それぞれの形の感動をして欲しいと心底願っております。

戸田恵梨香 コメント

「家族」とは「血縁関係」で終わる話ではなく、一枚の紙で国に家族と認められても、当人達は家族と認められない事もある。そんな時、どうやって築いていけば良いのだろう。安易な事ではない。正解などなく、それぞれの幸せの形を見つけられた時に「家族」となれるのだろうか。やはり、安易な事ではない。でも…生きてさえいれば、人は変われるチャンスがあるのだと思う。この作品がそんなきっかけになれたら嬉しいです。

窪塚洋介 コメント

久しぶりに自分の出演する作品を観て素直に涙が出ました。常盤監督やスタッフ、出演者たちのそれぞれの思いが静かだけど熱く染み込んだ素敵な作品だと思います。

斉藤由貴 コメント

ゆったりとしながらも濃密で、なにか原風景のような作品だと思います。俳優の芝居も、テンポよく進んでいくというより、会話のやりとりの間に、ふっとにじみ出る間合いみたいなものの正直さが、お客様に伝わる映画になっていると思います。

永瀬正敏 コメント

「最初の晩餐」まずタイトルに惹かれ、常盤監督の実体験を元に作られた台本を読み進めて行くうちに、すっかり心奪われていました。歪で、煩わしい、でもきっとある意味で“嘘の無い”とても普通の家族。愛しい息子達、娘、そして妻、、、また一つ自分の中で確実に大切な家族が増えた作品です。

常盤司郎 コメント

七年前、わずか数人で「本当に作りたいものをつくろう」とはじめた映画づくりでしたが、最終的には、日本を代表する俳優陣と制作陣に集まっていただきました。本当に幸せな長編監督デビューです。どうぞ観客の皆さんに、家族が「家族になる瞬間」を感じていただければと思います。

(c)2019『最初の晩餐』製作委員会

映画ナタリーをフォロー