映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

樋口真嗣が原恵一の新作アニメに興奮「物語以上に原さんが冒険してる」

168

左から樋口真嗣、原恵一、イリヤ・クブシノブ。

左から樋口真嗣、原恵一、イリヤ・クブシノブ。

劇場アニメーション「バースデー・ワンダーランド」の公開直前イベントが昨日4月23日、東京のワーナー・ブラザース映画 神谷町試写室にて開催された。

柏葉幸子による児童文学「地下室からのふしぎな旅」を原作とした本作。松岡茉優演じる主人公アカネが、大錬金術師とその弟子によって連れて行かれた異世界で繰り広げる冒険が描かれる。

イベントには監督の原恵一、キャラクター / ビジュアルアーティストとして参加したロシア出身のイラストレーターであるイリヤ・クブシノブが登壇。さらに「シン・ゴジラ」の監督として知られ、原の大ファンである樋口真嗣が参加した。樋口は映画を観た感想を「原さん攻めてるなと思いました。物語は冒険ものですけど、それ以上に原さんが冒険してる。『カラフル』ではリアリズムに落とし込んでいたけど、今回は観たことない要素をぶっ込んでいるというか」と興奮気味に話す。「還暦に近い人がこれをやるってすごいですよ。こうしたほうが自分は成功するとか、なるべく体力を消耗しないようにするのに、今までやったことのないものを積み重ねている。俺も楽しちゃダメだなと思いました」と原へ敬意を示した。

原はクブシノブを起用したきっかけを「たまたま書店でイリヤの画集を見つけて『これだ』と思ったんです。画集が発売されてすぐのタイミングだったんですけど、ハイエナたちが集まってくる前に捕まえなきゃと(笑)」と回想。「絵柄を見て絶対日本人だと思ったんですけどね。ロシア人と聞いて金髪の美人が来ると思ったら、こういう男が来た」とクブシノブを紹介し、会場に笑いを起こした。クブシノブは映画に悪役として登場するザン・グについて「かっこいいと同時に気持ち悪いキャラクターを作るのは簡単じゃない。いろいろなバリエーションで描いて、長いマントを着せてみたらすごくよくなったんです」と制作時を振り返る。原は「中に誰かが入っているような形にはしないでほしいと言いました。金属と生き物が融合したデザインにしてほしいと」とクブシノブに伝えた要望を明かした。そして、2人の関係性を樋口が「ジェダイとパダワンと言うか……アイアンマンとスパイダーマンというのも今の時期だったらいいんじゃないか」と例えると、原は「ダース・ベイダーにならないようにこれからも指導しないといけない」と笑顔を浮かべる。

絵コンテの段階から頭の中に完璧なイメージを持っていることが原のすごさだと話すクブシノブ。食事シーンの話題になると、原は「アニメーションで食事のシーンを描くのはアクションよりも大変。なぜならみんなが日常的にしてることで、不自然だとものすごく目立つから」と説明し、「僕が食事シーンを意識的に取り入れるのは、食べ方とか飲み方によってキャラクターの色を出せるからなんです」と自身の考えを伝える。樋口が「(絵の)枚数食うんでやめましょうとなりそうなことをやってしまうところがすごいですよね。普通はアニメーターが嫌がったりする」と感嘆すると、原は「嫌がるね。うまく描いても報われないのが食事シーンだから。以前アニメーターに『原さんはドSですよね』って言われたことがある。なんでこんなに大変なことをさせるのかって(笑)」と申し訳なさそうに語った。

続いてトークはアカネの耳が猫耳になる場面の話題へ。原は、ほほえみながら「僕ね、猫耳嫌いなので絶対やらないつもりだったんです。でもイリヤが『絶対猫耳出しましょう』と。若い現場のスタッフも『獣耳いいっすよー』とか言ってて」と裏話を披露。「そうしたらイリヤが勝手に猫耳のアカネを描いて『どうですか原さん!』って。ここまでやりたいんだったらわかったよと。それでOKしました」とクブシノブの熱量に根負けしたことを明かした。

「今まで観たことがない原さんの映画になっている」という樋口の言葉を受け、原は「映画はお客さんとの真剣勝負だと思ってます。今回も皆さんに向かって行きますので、皆さんも負けるもんかという気迫で観ていただけるとうれしいです」とメッセージを送り、イベントの幕を引いた。

「バースデー・ワンダーランド」は4月26日より全国でロードショー。

(c)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

映画ナタリーをフォロー