映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

花澤香菜が「この世界の片隅に」長尺版にテル役で出演、すずと遊郭で出会う

600

左から花澤香菜、テル。

左から花澤香菜、テル。

片渕須直が監督・脚本を担当する「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」に、花澤香菜が出演していることがわかった。

「この世界の片隅に」に約30分間の新規映像を加え、新たに「昭和20年の春」の物語を紡ぐ本作。のんが主人公・すずの声を引き続き担当する。

花澤が声を当てるのは、すずが遊郭で出会う九州出身の女性・テル。花澤は「観て……というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした」と本作への出演を喜び、「さらに多くの方に観ていただけますように!」とコメントしている。

このたび、テルとすずが登場する本編の一部がYouTubeで解禁。寒さをこらえながら南の島の絵を描くすずに、テルが「そげん南の島がよか。よかねえ……」と話しかけるシーンが切り取られた。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、12月20日より東京・テアトル新宿、ユーロスペースほか全国でロードショー。

花澤香菜 コメント

観て……というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした。原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように!

(c)2019 こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

映画ナタリーをフォロー