映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「この世界の片隅に」長尺版の場面写真が到着、ムビチケやフィギュアも発売

318

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

片渕須直が手がける「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の場面写真が到着した。

「この世界の片隅に」に約30分間の新規映像を加え、新たに「昭和20年の春」の物語を紡ぐ本作。解禁された写真では、すずとリンが桜の木に登っている場面や、すずがりんどう柄の茶碗を空にかざす様子を見ることができる。本作より初登場となる新キャラクター・テルの姿もお目見えした。

また一部の上映劇場とメイジャーの公式サイトでは、明日7月12日にムビチケカードが発売。特典付きのムビチケカードはペア券とシングル券の2種が用意され、異なる絵柄のオリジナルはがきがそれぞれ付属する。

さらに10月1日より全国のローソン、ミニストップでは「海洋堂製オリジナルフィギュア(絵コンテver.)付きムビチケカード」を販売。フィギュアは造形作家の香川雅彦、松本栄一郎が原型制作を行い、手のひらサイズに仕上げられた。「すずさんと晴美さん」「献立を考えるすずさん」「スケッチをするすずさん」「すずさんと周作さん」の4種類がセットで用意される。なおムビチケカードが同梱されないフィギュアのみの販売もローソン、ミニストップ限定で実施。詳細は公式サイトで確認しよう。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、12月20日より東京・テアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー。

(c)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画ナタリーをフォロー