映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「麻雀放浪記2020」和田誠版に敬意を表し、“焼け野原”はミニチュアセットで撮影

300

白石和彌の監督作「麻雀放浪記2020」にて、和田誠監督版の「麻雀放浪記」と同じくミニチュアセットを用いて撮影が行われたことがわかった。

斎藤工が主演する本作は、1945年の“戦後”から、東京オリンピックが中止となった2020年にタイムスリップしてきたギャンブラー・坊や哲を主人公とした物語。和田版の「麻雀放浪記」と同じく、阿佐田哲也による同名小説をもとにしている。

「麻雀放浪記2020」が、全編iPhoneで撮影されていることは既報の通り。特報映像には、焼け野原となった戦後の東京を歩く坊や哲が収められているが、この景色はミニチュアセットをiPhoneで撮影したものだ。和田版「麻雀放浪記」のトップシーンでも、焼け野原がミニチュアセットを用いて表現されている。和田版のミニチュアセットは「ゴジラ」に美術スタッフとして参加し、「ウルトラマン」「ウルトラセブン」のデザインを担当した成田亨によるもので、2014年から2015年にかけて開かれた彼の回顧展ではそのセットが1/2サイズで復元されていた。

本作のミニチュアセットは、東京・東宝スタジオの屋上に、パネルを複数枚連結させる形で生み出された。その噂を聞き付けた「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明は、撮影現場を訪問。さらに庵野は、自身も「シン・ゴジラ」の一部シーンに取り入れたiPhoneでの撮影に興味を示し、クライマックスにあたる麻雀五輪世界大会シーンの現場も訪れたという。

白石は「和田誠監督の『麻雀放浪記』に敬意を表して、本作も戦後の焼け野原をミニチュア撮影することに決めました。ミニチュアセットでの撮影は初めてでしたが、とても映画的で楽しく勉強になりました。今後も積極的に映画の中にミニチュアや特撮技術を組み込んでいきたいと思います」とコメントしている。

「麻雀放浪記2020」は4月5日より全国ロードショー。なお本日3月28日より、CHAIによる主題歌「Feel the BEAT」を使用した新たな予告編がYouTubeにて公開されている。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

(c)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

映画ナタリーをフォロー