麻雀放浪記

麻雀放浪記

マージャンホウロウキ

製作:1984年(日本) / 配給:東映=角川春樹事務所

解説 ボスと手下と敵、この三者の人間関係しかないギャンブラーの世界。そこに友情と愛を求めて生きていく少年・哲の姿を描いて大ベストセラーとなった阿佐田哲也の同名小説の第1部を、イラストレーター・和田誠が監督第1作として映画化。「Wの悲劇」などの名匠・澤井信一郎が共同脚本を担当し、全編をモノクロで撮影した意欲作で、敗戦直後の臨場感を見事に描き出した。ドサ健、出目徳など原作のキャラクターに鹿賀丈史、高品格らがそれぞれの個性をぶつけて迫る。主演の真田広之は麻雀は素人だったが、訓練をつんで高度な“つみこみ技“を修得、画面で見せてくれる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全3件)