アリ・アスターも絶賛、ドキュメンタリー「GUNDA」の予告公開

74

GUNDA/グンダ」の予告編がYouTubeで公開された。

「GUNDA/グンダ」ビジュアル

「GUNDA/グンダ」ビジュアル

大きなサイズで見る(全13件)

「GUNDA/グンダ」

「GUNDA/グンダ」[拡大]

ホアキン・フェニックスがエグゼクティブプロデューサーを務めた本作は、ある農場で暮らす母豚“GUNDA”と動物たちの深遠なる世界を見つめたドキュメンタリー。「アクアレラ」のヴィクトル・コサコフスキーが監督を務め、ナレーションや音楽を一切付けないモノクロ作品として完成させた。

「GUNDA/グンダ」

「GUNDA/グンダ」[拡大]

予告編には、母豚の乳を吸う子豚たちや、1本足で歩くニワトリ、駆け抜ける牛の群れの姿が。ポール・トーマス・アンダーソン、アルフォンソ・キュアロン、アリ・アスターらによる絶賛コメントも映し出される。

「GUNDA/グンダ」は12月10日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

ポール・トーマス・アンダーソン コメント

驚くべき映像と音響。本質だけが露になり、どっぷりと浸かるような映像体験が待ち受ける。
映画以上の、まるで妙薬のようだ。

アルフォンソ・キュアロン コメント

この映画に「言語」は必要ない。
荘厳で親密なポートレートを通して、存在の神秘と力を体験するよう誘う。

アリ・アスター コメント

鮮やかなマジックによって、日常的な瞬間が神話的でまったく奇妙なものになる。

ガス・ヴァン・サント コメント

一匹の豚とその家族の暮らしについての、自然で親密で映画的なポートレート。完璧に仕上げられていて、なんとも美しい。

パヴェウ・パヴリコフスキ コメント

「人生」と「芸術」が非凡な形で出会う映画。

アレクサンドル・ソクーロフ コメント

ヴィクトル・コサコフスキー監督は、ノーベル賞に値する唯一の映画監督だ。

リン・ラムジー コメント

どれほど感情を揺さぶられたか!

エリザベス・C・バサヒリィ コメント

崇高な芸術作品であり、人類が生み出した作品として驚くほど革新的だ。

エイミー・バーグ コメント

感動的な体験が忘れられない。この映画の言語は、母なる自然への思いやりに溢れていて、並外れている。

ケヴィン・マクドナルド コメント

ヴィクトル・コサコフスキー監督の映画は、いつも私たちに新しい世界の見方を教えてくれる。
それこそが真のアーティストの定義だと思う。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

(c)2020 Sant & Usant Productions. All rights reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 GUNDA/グンダ / ヴィクトル・コサコフスキー / ホアキン・フェニックス / アリ・アスター / ポール・トーマス・アンダーソン / ガス・ヴァン・サント / パヴェウ・パヴリコフスキ / アレクサンドル・ソクーロフ / リン・ラムジー / エリザベス・C・バサヒリィ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。