映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

有馬稲子が半生語る書籍発売、市川崑、小津安二郎らの素顔や私生活明かす

91

有馬稲子 わが愛と残酷の映画史」と題された書籍が、明日6月29日に発売される。

“ネコちゃん”“おイネ”の愛称を持つ宝塚歌劇団出身の女優・有馬稲子。1954年には岸惠子、久我美子らとともに「文芸プロダクションにんじんくらぶ」を設立し、松竹に移籍したあとも、劇団民藝に所属するなどさまざまな活躍を続けた。この書籍は、映画評論家・樋口尚文を聞き手に有馬の半生を振り返るもの。市川崑今井正内田吐夢小津安二郎といった監督たちの素顔や出演作の裏話、中村錦之助との結婚といったプライベートなどを語り下ろしている。

なお、本書の刊行を記念した特集上映「女優 有馬稲子」が、7月7日から20日まで東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催される。有馬の出演作15本がスクリーンにかけられるほか、初日には有馬が登壇し、樋口が聞き手を務めるトークショーが行われる。上映スケジュールなどは劇場の公式サイトで確認してほしい。

有馬稲子 わが愛と残酷の映画史

筑摩書房 2018年6月29日(金)発売
価格:2052円

特集上映「女優 有馬稲子」

2018年7月7日(土)~20日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷
<上映作品>
「結婚期」
「女性に関する12章」
「胸より胸に」
「泉」
「黒い河」
「夜の鼓」
「彼岸花」
「赤い陣羽織」
「空かける花嫁」
「浪花の恋の物語」
「わが愛」
「かあちゃんしぐのいやだ」
「はだかっ子」
「朱の花粉」
「せきれいの曲」
2本立て料金:一般 1500円 / 会員、シニア 1100円 / 高校・大学生 900円 / 中学生以下 500円
※「朱の花粉」「せきれいの曲」は入れ替え制1本立て上映、料金1100円均一

映画ナタリーをフォロー