映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

有馬稲子の特集で小津安二郎「彼岸花」など15本上映、本人のトークショーも

55

「黒い河」 (c)1957松竹株式会社

「黒い河」 (c)1957松竹株式会社

「女優 有馬稲子」と題された特集上映が、東京・シネマヴェーラ渋谷にて7月7日から20日まで開催される。

書籍「有馬稲子 わが愛と残酷の映画史」の刊行を記念したこの特集では、有馬稲子の出演作15本が集められた。ラインナップには、市川崑がメガホンを取ったラブコメディ「女性に関する十二章」、小津安二郎の監督作で有馬演じる長女・節子の結婚をめぐる物語「彼岸花」、小林正樹が監督を務めたシリアス作「」「黒い河」などが並ぶ。そのほか、家城巳代治今井正内田吐夢五所平之助豊田四郎山本薩夫らの監督作も。

さらに7日には有馬、14日には女優・中西美帆が登壇し、樋口尚文が聞き手を務めるトークショーを実施。20日には有馬による15分ほどの舞台挨拶も予定されている。上映スケジュールなどの詳細は劇場公式サイトで確認しよう。

女優 有馬稲子

2018年7月7日(土)~20日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷
<上映作品>
結婚期
女性に関する十二章
胸より胸に

黒い河
夜の鼓
彼岸花
赤い陣羽織
空かける花嫁
浪花の恋の物語
わが愛
かあちゃんしぐのいやだ
はだかっ子
「朱の花粉」
「せきれいの曲」
2本立て料金:一般 1500円 / 会員、シニア 1100円 / 高校・大学生 900円 / 中学生以下 500円
※「朱の花粉」「せきれいの曲」は入れ替え制1本立て上映、料金1100円均一

映画ナタリーをフォロー