今井正

イマイタダシ

1935年にJ・Oスタジオ企画部に入り、1939年に東宝東京撮影所で監督に。戦後は、「青い山脈」(1949)、「また逢う日まで」(1950)と、青春、悲恋ものの金字塔を作る一方で、「真昼の暗黒」(1956)、「米」(1957)など、社会的テーマを追及した力作を発表。