映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星が高校生と勝負!「大人の意地が出ちゃう」

260

「虹色デイズ」イベントの様子。

「虹色デイズ」イベントの様子。

本日6月25日、「虹色デイズ」で主演を務めた佐野玲於GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志高杉真宙横浜流星が、東京の宝仙学園中学校・高等学校をサプライズ訪問した。

キャスト4人が同校の体育館に姿を現すと、集まった生徒たちから悲鳴にも似た大歓声が。ステージに上がった中川は「圧倒されています」と熱烈な歓迎を喜び、横浜は「みんなみたいな男子高校生のノリを大切にしていたので、男の子たちは共感できると思います」と映画をアピールする。

挨拶のあとは、4人がそれぞれ男子生徒と対決を行うことに。1番手となった横浜は、1分間の反復横跳び対決を前に靴を脱いで準備を整える。相手がサッカー部の男子だと知ると、中川は「うちの横浜流星もね、空手の世界チャンピオンなんですよ」と会場を盛り上げ、真剣な面持ちで反復横跳びをする横浜に高杉が「大人げないなあ!」と声をかける場面も見られた。結果は男子生徒は102回、横浜は105回。勝利した横浜は「普通の体力測定って20秒くらいだと思うんですよ……キツい!」と言いながらもガッツポーツで喜びを表現し、対戦相手の生徒をたたえたあと共演者たちとハイタッチをした。

続いて似顔絵対決に挑戦した高杉は、モデルである佐野の顔を何度も確認しながら1分間で似顔絵を仕上げるも拍手の数で惜しくも敗れる。「にじいろ」の4文字を使ったあいうえお作文で告白対決をすることになった中川は「国語は得意だし、役者なので負けられないです!」と、“マイケル”という愛称の男子生徒に勝つ気満々。そして中川は「にやにやしちゃう、じっと見つめちゃう、いつもきみのことをロックオンしているから」という作文でマイケルに勝利すると「マイケル(の作文も)めちゃくちゃよかった! 焦りましたよ」とほっと胸をなで下ろした。

4番勝負のラストを飾ったのは、「青春といえば?」がお題の書道対決を行った佐野。佐野は「書道は大丈夫じゃないですね! しかもめっちゃ筆が太い……」と言いながら、“ブライアン”と呼ばれる生徒をステージ上に迎え入れる。ブライアンは“友情”、佐野は“特権”という書を披露し、結果はブライアンの勝ち。佐野は「こんなに乾燥している筆あります!?」と筆がうまく乗らなかったことをぼやきながらも、ブライアンと固く握手を交わして勝利を祝った。

両チーム2ポイントずつ獲得したため、逆転を賭けてキャスト全員と男子4人による綱引き対決が実施されると、キャストチームが激しく息切れをしながらもギリギリのところで勝利。中川は「みんなの爆発力を感じました!」と感想を述べ、佐野は「こんなに強いと思わなくて、大人の意地が出ちゃいました」とはにかんだ。

飯塚健がメガホンを取った「虹色デイズ」は、水野美波による少女マンガをもとに、男子高校生4人の友情と恋を描く青春ストーリー。7月6日に全国で公開される。

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社

映画ナタリーをフォロー