映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「羊と鋼の森」山崎賢人が辻井伸行のピアノ生演奏に感激「元気をもらった」

1772

「羊と鋼の森」完成披露試写会にて、左から橋本光二郎、鈴木亮平、辻井伸行、山崎賢人、上白石萌音、上白石萌歌。

「羊と鋼の森」完成披露試写会にて、左から橋本光二郎、鈴木亮平、辻井伸行、山崎賢人、上白石萌音、上白石萌歌。

羊と鋼の森」の完成披露試写会が、本日5月20日に東京・イイノホールで行われ、キャストの山崎賢人鈴木亮平上白石萌音上白石萌歌、監督の橋本光二郎が登壇した。

宮下奈都の小説をもとにした「羊と鋼の森」は、ピアノ調律師を志す青年・外村直樹を主人公とした物語。外村役の山崎は原作を読んだ際の印象を「音も風景も想像できた」と回想し、「調律師という仕事になじみがなかったんですけど、僕が役者という仕事をやるうえで感じていることを照らし合わせたらリアルにできるかなと思いながら演じました」と役作りについて明かす。

先輩調律師の柳を演じた鈴木は、撮影前に橋本から「山崎を成長させてほしい」「役柄だけじゃなく先輩として彼と接してほしい」と言われたと打ち明けた。「『飲みに連れて行ってあげてくれ』と言われていたから、しょっちゅうみんなでごはん行ったよね。(ロケ地の)旭川で何がおいしかった?」と鈴木が尋ねると、山崎は「塩ホルモン!」と笑顔で回答。鈴木は「僕はジンギスカンがおいしかったなあ」と北海道に思いを馳せ、「皆さん。旭川は“羊とホルモンの森”でしたよ」と堂々言い放ち、笑いと拍手を巻き起こした。

実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌は、ピアニストの佐倉姉妹役で出演。2人ともピアノの特訓をしたと口をそろえ、妹・由仁役の上白石萌歌は「座り方から指の置き方まで……本当にピアノと向き合う時間が長かったです」とピアノと過ごした時を振り返る。姉・和音役の上白石萌音は「同じ仕事をするのが初めてだったので。絆が深まったというか……姉妹で共有するものがまた1つ増えた気がして幸せです」と姉妹初共演を果たした喜びを口にした。

本作のエンディングテーマ「The Dream of the Lambs」は久石譲が作曲と編曲、辻井伸行がピアノ演奏を担当している。橋本は楽曲について「この物語は外村という男の子の成長譚。自然や音楽の美しさもあるけれど、美しく静かに始まり、彼を励ますような勇ましく力強く進んでいくイメージを足してくれているのがいい」と絶賛。すると司会者の口から、ここで特別に辻井が生演奏を披露することが明かされ、登壇者と観客は大喜びで辻井をステージに迎え入れる。

辻井は、劇中で和音が演奏するモーリス・ラヴェル作曲「水の戯れ」と「The Dream of the Lambs」を披露。優しく力強い辻井の演奏に、会場の人々は息をのんで聴き入った。演奏が終わると、上白石萌音は感激した様子で「役が決まってから撮影が終わるまで何百回と辻井さんの演奏を聴きました。私の思い描く和音の音は辻井さんのような音。焦がれていたというか、本当にどれだけこの音に支えられたかわからない」とあふれる思いを伝え、山崎も「僕自身、今日すごく来てよかったなというくらいの気持ち。元気をもらいました」と感動を表現する。

辻井は「うれしいです」と声を弾ませ、「映画はとても感動しました。ピアニストにとって、調律師さんはいなければ演奏できない大切な存在。調律師さんの大変さや素晴らしさが描かれていました。皆さんも調律師さんの見方が変わると思います」と映画をアピールした。

「羊と鋼の森」は6月8日より公開。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※辻井伸行の辻は1点しんにょうが正式表記

(c)2018「羊と鋼の森」製作委員会

映画ナタリーをフォロー